WEB制作

WEB制作について

WEB制作とは、いわゆるホームページ制作とかWEBサイト制作とほぼ同意とされ、ホームページを作成する作業、もくしは業務を意味します。

しかし、WEB制作=ホームページを作成するといっても、その意味合いや作業範囲は画一的なものではなく、視覚的な作業であるデザインやビジュアル設計や、情報構築やユーザビリティ、検索エンジン対策でのマークアップ構造の設計、WEBマーケティングを意識したライティングやサイト構造の設計まで実に多岐にわたり、それぞれの作業内容も容易なものではありません。

実際の制作においても、HTMLコーディングにおいては、ブラウザーやUAを考慮したCSSやHTMLマークアップ、動的機能を持たせるためのJavaScriptやJquery、ActionScriptを駆使したFlashコンテンツ、PHPやJavaなどのWEBに特化したプログラム機能との連携など、内容や仕様により、規模や予算、スケジュールや関わる人員も大きく異なります。

いずれにしてもWEB制作について一番重要なことは、ヴィジュアルデザインや高度なシステム機能、やみくもなWEB広告や広報活動ではなく、インターネットユーザーを意識した品質の伴ったプロモーションに尽きるといえます。

PAGE TOP

新着WEB制作関連エントリー一覧

PAGE TOP

Flash制作について

Adobe Flash(アドビ フラッシュ)は、Adobe Systems(アドビシステムズ Systems)社の開発による、音声や動画、ゲームやグラフィックアニメーションなどを組み合わせて再現することが可能な、オーサリングソフト、または作成されたコンテンツのこと。

Flashコンテンツは、WEB専用のコンテンツで、再生するにはブラウザ専用プラグイン『Flash Player』をインストールするこで可能である。Flash Playerは無料で配布されていて、Adobe社によるとネットユーザーの90%以上の環境に、プラグインがインストールされている。『Adobe AIR』OS上で実行できるアプリケーションのこと。

もともとは、FutureSplash社から『FutureSplash Animater』という簡易的なアニメーション作成に特化していたアプリケーションであったが、Macromedia社により買収され『Macromedia Flash』となり、その後Macromedia社がAdobe社に買収されたことにより『Adobe Flash』として今日に至っている。

PAGE TOP

新着Flash制作関連エントリー一覧

PAGE TOP

コメントを残す