WEB制作

WEB制作について

WEB制作とは、いわゆるホームページ制作とかWEBサイト制作とほぼ同意とされ、ホームページを作成する作業、もくしは業務を意味します。

しかし、WEB制作=ホームページを作成するといっても、その意味合いや作業範囲は画一的なものではなく、視覚的な作業であるデザインやビジュアル設計や、情報構築やユーザビリティ、検索エンジン対策でのマークアップ構造の設計、WEBマーケティングを意識したライティングやサイト構造の設計まで実に多岐にわたり、それぞれの作業内容も容易なものではありません。

実際の制作においても、HTMLコーディングにおいては、ブラウザーやUAを考慮したCSSやHTMLマークアップ、動的機能を持たせるためのJavaScriptやJquery、ActionScriptを駆使したFlashコンテンツ、PHPやJavaなどのWEBに特化したプログラム機能との連携など、内容や仕様により、規模や予算、スケジュールや関わる人員も大きく異なります。

いずれにしてもWEB制作について一番重要なことは、ヴィジュアルデザインや高度なシステム機能、やみくもなWEB広告や広報活動ではなく、インターネットユーザーを意識した品質の伴ったプロモーションに尽きるといえます。

Flash制作について

Adobe Flash(アドビ フラッシュ)は、Adobe Systems(アドビシステムズ Systems)社の開発による、音声や動画、ゲームやグラフィックアニメーションなどを組み合わせて再現することが可能な、オーサリングソフト、または作成されたコンテンツのこと。

Flashコンテンツは、WEB専用のコンテンツで、再生するにはブラウザ専用プラグイン『Flash Player』をインストールするこで可能である。Flash Playerは無料で配布されていて、Adobe社によるとネットユーザーの90%以上の環境に、プラグインがインストールされている。『Adobe AIR』OS上で実行できるアプリケーションのこと。

もともとは、FutureSplash社から『FutureSplash Animater』という簡易的なアニメーション作成に特化していたアプリケーションであったが、Macromedia社により買収され『Macromedia Flash』となり、その後Macromedia社がAdobe社に買収されたことにより『Adobe Flash』として今日に至っている。

PHPで送信フォームの値が取得できない状態を解決する方法

Web制作の工程でform送信で、送信データがクリアの解決が必要になったので、PHP記述のform送信の送信データがクリアを解決してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずデータ送信の確認をします。

formタグ属性のmethod=””get””として、送信先のURLの引数にデータが付属しているかを確認します。

 

 

その次に、変数値での確認をします。

formタグのactionで指定したページが表示されたら、送信後のページにecho ($_POST[‘test_data’]);でデータが取得できているかを確認をします。

 

 

最後の手順としてはaction属性のURLを確認で、

phpとデータ送信に問題がない場合は、送信値がきちんと変数で受け渡されていないか、いちど送信データがクリアされているので、action属性のURLに拡張子がついていない場合は末にバックスラッシュ/をつける。

という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、Apacheの場合は仕様でmod_dirという標準モジュールの機能で、一度末尾無しのディレクトリを参照したのちに、再度バックスラッシュを付属してURLを再表示されているため、一度送信データがクリアされて表示されているのでデータが取得できないという点について注意する必要があります。

ファイル操作でFTPサーバーの削除できないファイルを削除する方法

Web制作の工程でFTP接続で、ファイルが削除できない現象の解決が必要になったので、Webファイル管理のFTP接続のファイルが削除できない現象を削除してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずファイルWeb管理での確認をします。

FTPサーバー接続でファイル名文字化けなどで削除できない場合、レンタルサーバーのファイル管理サービスがあればWebファイル管理システムから削除します。

 

その次に、FTP接続の文字コードを変更をします。

ファイル管理から削除できない場合は、FTP接続で文字コードを指定して再接続する。ShiftJISならUTF-8に強制的に指定し接続する。文字化けしたファイル名の拡張子がでていれば、ファイル名を半角英数字にリネームし削除をします。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、拡張子が表示されていない文字化けの場合、ファイルが存在するのにFTPサーバでは管理できない存在しない幽霊ファイルとなるため、一切のファイル操作ができなくなる事という点について注意する必要があります。

テキストエディタのサクラエディタで起動時の折り返し方法を『右端折り返し』デフォルト設定する

Webの制作過程でサクラエディタ折り返しデフォルトの右端折り返し起動設定が必要になったので、テキスト編集ソフトウェアのSAKURAエディタで『右端折り返し』デフォルト設定してみます。

 

はじめに

最初の手順としては、まずサクラエディタを起動して空のファイルを表示します。

 

その次に、

メインメニューを、[設定]⇒[タイプ別設定]⇒[スクリーン]タブ、レイアウト項目・折り返し方法のプルダウン[右端で折り返す]と変更をします。

 

最後の手順

としてはダイアログで、[OK]⇒プログラムの再起動することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、設定から直接折り返し方法を設定した場合は、再起動後に元に戻るという点について注意する必要があります。

メール送信時の差出人文字化けのmb_send_mail-PHPの解決方法

今回のシステム開発で取り扱うテーマは『mb_send_mailでメール送信者情報の日本語が文字化けしてしまう』の解決方法である。

$header= From:送信者名.$mail;
などとしてそのまま、mb_send_mailの引数として変数を放り込むと文字化けするので、
$from_name=送信者名;
$header= From:.mb_encode_mimeheader($from_name).$mail;
として一度エンコードする処理を入れる
とする。

解決方法の補足として、あわせて以下のように文字コード指定をしておく必要があるようだ
mb_language(uni);
mb_internal_encoding(utf-8);
mb_http_input(auto);
mb_http_output(utf-8);があり、メール送信時の差出人文字化けについて今回のテーマの補足知識となります。

問題解決カテゴリーとしては、mb_send_mailについてのPHPに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
mb_send_mail 文字化けに関連する検索キーワード
mb_send_mail 文字化け utf-8
mb send mail文字化け
php mb send mail文字化け
send mail文字化け
mb send mail header文字化け
mb send mail文字化け機種依存文字
mail文字化け
mac mail文字化け
apple mail文字化け
live mail文字化け