SEO対策

SEO対策について

SEO対策とは、WEBサイト自体やページを検索エンジンで上位に表示させるための手法や施策のことで、検索エンジンのプログラム(クローラ)のアルゴリズムに対して効果ある作業を実施すること。

2011年国内ではGoogleとYahoo検索がシェアの大半を占めているといわれているが、Yahoo検索は検索エンジン自体をGoogleとの提携・採用によりGoogleに対しての施策が、結果的にYahoo検索のSEO対策となっている。

SEO対策にはHTMLソースコード部分やコンテンツの調整をする内部施策と、関連する被リンクを集約したり検索エンジンからの評価を対外的に高める外部施策とがある。

SEO対策自体はWEBマーケティングの一つの手段・選択肢であるが、専門で行う業者や事業がわりあい多い。

SEOやめた結果こうなった

Webサイトやページコンテンツ制作時には、どうしても無意識的に

検索エンジンに対してどうだろうか?

評価されるだろうか?

みたいなことばかり気にして文言や情報の設計をほぼ無意識にしていたので、TOPページのアクセスよりも各ページ単位でのアクセスが多いWebサイトを、思い切ってUI中心のWebサイトに作り変えてみました。

 

そもそも、検索エンジンを念頭に文字を不自然に配置したり伝達したいことを歪曲したりする習慣がついていたことにとても違和感があり、むやみに文章を増やしたりして、なんら疑いを持たずに従属していることに疑問がありました。

SEOを考えてWebコンテンツを作らされることに嫌悪感を覚えていたので、検索エンジンの評価を無視してUIのみを意識してリニューアルしてみたのでした。

そう、SEOを捨ててみた。

 

結果、しばらくするとGoogleではTOPページのインデックスは外されほぼ圏外に。

また、それまで1000ページぐらいウェブマスターツールでインデックスされていたのが700ページ以上解除されている。

盲従しているひとだと軽いパニックになるかもしれませんが、冷静に考えると全体のアクセス数などはその後もあまりかわらず、結果としてウェブマスターツールアカウントを削除したらなんかすっきりした。

そして中途半端にSEOを意識するぐらいなら、アナリティクスなんて見るのも時間の無駄だったと痛感しました。Jetpackでおおよその解析はできるし。

そもそもSEOにかける時間や資源がないWebサイトなどに、アクセスやUUが増えた減ったを見てもほとんど有効な施策はできないし。

ちなみにBingではしっかり上位表示がキープされていました。

SEOで労力対効果を考えた場合、Googleの場合は徒労に終わる(わりにあわない)キーワードも多いから、イメージ通りのコンテンツを制作して流入はすくなくなるもののBingからの確度の高いアクセスを中心にWebコンテンツ展開するのも、ひとつの考え方じゃないかと再考しました。

 

 

 

OGPについて

metaタグについての情報。

OGP(Open Graph Protcol)はHTMLページのヘッダ部などに記載され、SNSでページがシェアされたときに、ページデータ構造として、データ部を指定した表示させることができる仕組みです。

その他の情報としては、主なSNSではFacebookやTwitter、mixiなどに対してmetaタグの記述でページの情報を構造化して伝えることができるがあり、特性としてはOGPの利点としては、SNSなどでシェアした際にURL以外にアイキャッチ画像やページタイトル、概要などを指定して表示できるところにあることです。

カテゴリーとしては、SNSについてのシステムファイルに分類されます。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされてます。
facebook ogp
ogp 設定
wordpress ogp
ogpタグ
いいねボタン ogp
ogp 確認
ogp image
ogp 測定機
ogp twitter
ogp 測定

アメブロの月間1000万PVがあまり喜べない理由

アメーバブログ、通称アメブロ。
やれアクセス数が月間数百万とか数千万PVとか公表されていますが、かねがね感じていた盛り過ぎ疑惑を検証してみた。

そもそも、個人でいくつかアメブロを利用しているが、アクセスの上がり方がどーも不自然だったりする。

「いくらなんでも極端じゃね」

と思うことが多かった。なので、アメブロ附属のアクセス分析と、リアルタイムでアクセスがカウントされる解析サービスの結果を比べてみることにした。

盛り過ぎである。

プロフィールや足跡ページの閲覧が含まれていたとしてもである。(そもそも情報がほとんどないページをそれほどみるとも思えん)

附属のアクセス解析機能の統計をもとにPVを信じてしまうと、

「すげー、こんなに見られている!」

が、実際ブログ自体はその10分の1もページビューがなかったりする。

極論だが、月間1000万PVも実際は10万PVぐらいだったりするわけで。

だから、アメブロのアクセス数はとてもあてにならない、結構見られていないだろうと、アメブロアクセス解析のPV数は認識すべきである。