システム開発

システム開発について

システム開発とは系統だてて、かつ組織的な方法や方式をコンピュータを使用して処理する仕組み、その仕組み自体を制作、開発する作業や工程、業務のことです。

一般的な解釈をすると、パソコンを利用することで業務改善や効率化が行われ、従来の方法では実現が難しいことを、プログラム言語とデータベースやサーバーなどの仕組みやインフラ機器を利用して、効率化および業務能率の向上を計る電子的な作業全般のことでしょうか。

システム開発っていうと、ビジネスとしてはあまり馴染みがないかもしれませんが、システムの仕組み自体は身近なところで多数機能しており、例えば、会計システムや在庫管理システム、業務管理システムや人事管理システムなどがあります。

ここでいう、システム開発とは、主にインターネットを通して利用されるWEBアプリケーションやWEBサービスにおいて機能するWEBシステムを中心とします。

XserverでサブドメインのFTP接続を設定する方法

Web制作の工程でサブドメインのみで、FTP接続アカウントの設定が必要になったので、XサーバーのサブドメインのみのFTP接続アカウントを設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずFTPアカウントの追加をします。

サーバーパネルのFTPアカウント設定からFTPアカウントを追加します。

 

 

その次に、FTPユーザーIDの作成をします。

FTPユーザーIDはサブドメインの入ったIDで作成するとわかりやすい。接続先ディレクトリは/home/アカウント名/ドメイン名/public_html/サブドメインのディレクトリ名/で設定をします。

 

 

最後の手順としては接続確認で、

作成したサブドメイン用のFTPアカウントで接続を確認。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、接続先のホストは、親のドメインでもサブドメインでもどちらでも設定が可能であることという点について注意する必要があります。

PHPで送信フォームの値が取得できない状態を解決する方法

Web制作の工程でform送信で、送信データがクリアの解決が必要になったので、PHP記述のform送信の送信データがクリアを解決してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずデータ送信の確認をします。

formタグ属性のmethod=””get””として、送信先のURLの引数にデータが付属しているかを確認します。

 

 

その次に、変数値での確認をします。

formタグのactionで指定したページが表示されたら、送信後のページにecho ($_POST[‘test_data’]);でデータが取得できているかを確認をします。

 

 

最後の手順としてはaction属性のURLを確認で、

phpとデータ送信に問題がない場合は、送信値がきちんと変数で受け渡されていないか、いちど送信データがクリアされているので、action属性のURLに拡張子がついていない場合は末にバックスラッシュ/をつける。

という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、Apacheの場合は仕様でmod_dirという標準モジュールの機能で、一度末尾無しのディレクトリを参照したのちに、再度バックスラッシュを付属してURLを再表示されているため、一度送信データがクリアされて表示されているのでデータが取得できないという点について注意する必要があります。

ファイル操作でFTPサーバーの削除できないファイルを削除する方法

Web制作の工程でFTP接続で、ファイルが削除できない現象の解決が必要になったので、Webファイル管理のFTP接続のファイルが削除できない現象を削除してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずファイルWeb管理での確認をします。

FTPサーバー接続でファイル名文字化けなどで削除できない場合、レンタルサーバーのファイル管理サービスがあればWebファイル管理システムから削除します。

 

その次に、FTP接続の文字コードを変更をします。

ファイル管理から削除できない場合は、FTP接続で文字コードを指定して再接続する。ShiftJISならUTF-8に強制的に指定し接続する。文字化けしたファイル名の拡張子がでていれば、ファイル名を半角英数字にリネームし削除をします。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、拡張子が表示されていない文字化けの場合、ファイルが存在するのにFTPサーバでは管理できない存在しない幽霊ファイルとなるため、一切のファイル操作ができなくなる事という点について注意する必要があります。