CMSサイト

CMSサイトについて

CMSサイトとは、WordPressなどのコンテンツマネジメントシステム(Content Management System,CMS)で構築されたWEBサイトで、統合的かつ体系的に管理することが可能なPHPなどで制作されたプログラムで統制されるWEBサイトです。

コンテンツ管理システムという名称通り、ページ追加や記事の修正、WEBデザインの編集やサイト構成の管理も、プログラムとSQLなどのデータベース連携で記事の内容やファイル管理が一元的に管理可能。CMS導入の利点は、ページの追加や更新では専門知識をあまり必要とせず、大規模サイトを少ない労力で運営できる。またデータの移行やオブジェクトの流用、プラグインなどの追加機能実装が容易であるなどがある。

CMSにはオープンソースという無料配布されるパッケージソフトが使用されるケースが多いが、トラブル発生時の対応サポートなどがないので注意が必要でもある。

ブログタイプのCMSであれば、ブログの要領でページ追加や記事が追加できるので、手軽にページや記事投稿を増やしていきたい場合は、もっとも推奨される仕組みでもある。

PAGE TOP

今回は、WordPressのECカートプラグインWelcartの新規会員登録時のフォーム内の必須項目を任意項目に変更する方法です。

カスタマイズはダッシュボードではできないようなので、プラグインファイルの直接編集が必要になる様子。

会員登録フォームの必須チェックは、フックで制御されているとのことで、必須チェックはusces_filter_customer_check、必須マークはusces_action_essential_markをフックとしている。

必須チェックはusces_action_essential_checkをコメントすれば通りそうなので、作業はすべて自己責任になるが、usceshop.class.phpなどを編集してみる。

何個か該当箇所が見つかったが、すべてオンライン上でのやり取りを考慮していたため、住所関連の必須項目をすべてコメントアウトしてみる。結果、任意項目にすることが成功。

次に必須項目に表示される※マーク、アスタリスクの除去。

多分、このままだと任意項目は非表示にしてしまえば問題ないだろうが、それだと主旨がことなるので、アスタリスクの除去を試みる。

usces_action_essential_markはusc-e-shop\functions\function.php内に記述があるのでそちらを手掛かりに、こちらも自己責任のもと編集してみる。

$usces_essential_markをカスタマイズして、修正ファイルをアップ。

あ、できた。

テンプレートタグ
についての情報。

使用頻度の高いワードプレスでのPHPテンプレートタグである。

その他の情報としては、固定ページや投稿記事ページでも使用できるが、プラグインなどの設置が別途必要があり、特性としては・テーマディレクトリ参照
<?php echo get_template_directory_uri(); ?>
・ルートディレクトリ参照
<?php echo esc_url( home_url( ‘/’ ) ); ?>
・ページ判別
<?php if(is_page(‘123’)): ?>
<?php endif; ?>
・カテゴリー判別
<?php if(in_category(array(‘1′,’2′,’3’))): ?>
<?php endif; ?>ことです。

情報カテゴリーとしては、PHPについてのWordPress
に分類される。

情報について、検索エンジンでは
wordpress テンプレート
wordpress テーマ
ワード プレス
ワード プレス テンプレート
ワード プレス テーマ
wordpress テーマ 作成
wp テンプレート
wordpress カスタマイズ
wordpress テンプレート 作成
ワード プレス テンプレート 無料
wordpress テンプレート 無料
wordpress テーマ 無料
wp テーマ
ワード プレス テーマ 無料
wordpress 無料 テーマ
wordpress デザイン
wordpress 日本 語 テーマ
ワード プレス カスタマイズ
wordpress テーマ おすすめ
wordpress テンプレート カスタマイズ
ワード プレス テーマ 日本 語
ワード プレス 無料 テンプレート
無料 ワード プレス テンプレート
テンプレート wordpress
wordpress 無料 テンプレート
wordpress サイト
ワード プレス テンプレート 日本 語
wordpress ブログ テンプレート
ワード プレス ブログ テンプレート
wordpress テンプレ
などがインデックスされている。

WordPressのコメント欄が有効の場合、デフォルトで「コメントを残す」と表示されるが、こちらの文言を変更するの解決方法である。

Poeditをダウンロードしてpoファイル編集、作業内容を保存すると自動でjp.moにも編集内容が反映され、この二つのファイルをアップすることでコメント欄の「コメントを残す」の文字を変更することが可能。ただ、WordPressアップデート時に自動で更新される場合があるので、都度修正が必要になる

とする。

解決方法の補足として、「コメントを残す」はWordPress共通の自動翻訳設定で行っている様子。languages/ja.poファイルを見るとLeave a Replyが英語版で、日本語表記について変換している。
こちらのファイルの該当部を希望の文言に修正してアップするが反映されないので調べてみると、ja.poとja.moがセットになっており、これらを再生成する必要がある。かなり以前に同じ作業をしたことを思い出し、Poeditをダウンロードしてja.poファイルの該当部分を編集、保存
があり、コメントを残すについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、文言変更についてのWordPressに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
コメントを残すwordpress非表示
wordpressコメントを残すカスタマイズ
ワードプレスコメントを残す非表示
wordpressコメント非表示
wordpressコメント欄カスタマイズ
wordpressコメント欄非表示
wordpressコメントフォームカスタマイズ
wordpress コメントフォーム デザイン
wordpressコメントフォーム非表示
wordpressブログコメント非表示