CMSサイト

CMSサイトについて

CMSサイトとは、WordPressなどのコンテンツマネジメントシステム(Content Management System,CMS)で構築されたWEBサイトで、統合的かつ体系的に管理することが可能なPHPなどで制作されたプログラムで統制されるWEBサイトです。

コンテンツ管理システムという名称通り、ページ追加や記事の修正、WEBデザインの編集やサイト構成の管理も、プログラムとSQLなどのデータベース連携で記事の内容やファイル管理が一元的に管理可能。CMS導入の利点は、ページの追加や更新では専門知識をあまり必要とせず、大規模サイトを少ない労力で運営できる。またデータの移行やオブジェクトの流用、プラグインなどの追加機能実装が容易であるなどがある。

CMSにはオープンソースという無料配布されるパッケージソフトが使用されるケースが多いが、トラブル発生時の対応サポートなどがないので注意が必要でもある。

ブログタイプのCMSであれば、ブログの要領でページ追加や記事が追加できるので、手軽にページや記事投稿を増やしていきたい場合は、もっとも推奨される仕組みでもある。

WordPressのプラグインTheme My Loginで会員制サイトを制作する

Webの制作過程で会員サイトの作成が必要になったので、ワードプレスのTheme My Loginで制作してみます。
いきなり有料版で希望するものでなかったり、カスタマイズができないと困るので無料プラグインTheme My Loginで設置しています。

 

はじめに

最初の手順としては、まずTheme My Loginをダッシュボードの[プラグイン]の[新規追加]よりインストールします。

 

その次に、

ダッシュボードの[設定]⇒[一般]から、[だれでもユーザー登録ができるようにする]にチェック。
権限は[購読者]のままでよいでしょう。(必要に応じて変更する)

 

最後の手順としては

固定ページで、設定時は各ページが自動生成され、紹介文やショートコードはページ内に記載されているので、それらを確認することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、設置自体はわりとスムーズにできるが、設定項目が以外とあったりするので、用途に応じてしっかり設定が必要という点について注意する必要があります。

WordPressプラグインで会員制サイト制作のおすすめと参考

WordPressにて会員制サイト、いわゆるユーザー登録して、ユーザーのみ閲覧できるページや編集できる権限などをコントロールする機能をくっつけたい場合におすすめしたいプラグインを検討してみます。

 

ユーザー権限の制御は基本的にワードプレスに付属していますので、単体ページの編集制限や閲覧パスワードの設定は簡易的な機能が付属していますが、すべて手作業で登録管理しなくてはいけないので、自動化されたワードプレスの会員制サイトを制作するうえで便利なプラグインを必要機能などに応じて比較表も作成してみました。

 

実際にはを導入してみましたが、シンプルでわかりやすくてよかったです。

はじめて導入する場合は半日ぐらいは見ておいたほうがよいかもしれないですね。

 

Simple MembershipWP-MembersTheme My Login
ユーザー登録フォーム
ログインフォーム
限定公開
会員レベル個別設定××
有効期限設定××
会員専用ページ
会員情報編集
パスワードリセットページ
承認方法変更×
ショートコード
有料化決済機能
Paypal
××
日本語化
導入費用無料無料無料
総評
ところどころ日本語化が難しかったりフォームのカスタマイズが困難。
さまざまな設定がわりと手間なく導入できる。他のプラグインとの組み合わせで機能性が拡充可。
導入から設定までとてもわかりやすく親切な作り。
他のプラグインとの併用でかなり良くなる。

 

当記事独自の判断によるものなので、これ以外のプラグインが推奨されないというわけではありません。