EC-CUBEインストール設置方法

今回はネットショップ型のオープンソースCMS、『EC-CUBE』のインストール設置および設定方法についてです。

データベースやサーバー設定は環境によって異なります。インストールについてあくまでサンプル情報としてのみ参照ください。

設置環境は
ec-cube2.3.4/Apache 1.3.37/PHP 5.2.5/MySQL5.1.22
レンタルサーバーCORESERVERになります。

■EC-CUBE‐日本発の「ECオープンソース」インストール設置と設定手順

1・EC-CUBEサービスサイトからEC-CUBEをダウンロードします
http://www.ec-cube.net/download/index.php

2・ダウンロードしたファイルを解凍し、eccubeフォルダ内のhtmlフォルダ内のすべてのファイルをeccubeフォルダに移動します

フォルダ構成は

eccubeフォルダ
┗dataフォルダ
┗aboutsフォルダ
┗adminフォルダ….
┗define.php…..
(htmlフォルダ内の全ファイルとフォルダ)

3・eccubeフォルダ直下のdefine.phpをテキストエディタで開き

/** HTMLディレクトリからのDATAディレクトリの相対パス */
define(“HTML2DATA_DIR”, “/../data/”);

上記dataフォルダのパス指定を以下に変更
define(“HTML2DATA_DIR”, “/data/”);

4・eccubeフォルダ直下のuser_data以下に”bkup”という新規フォルダを作成

5・eccubeフォルダ直下data/Smarty/templates_c以下に”default”という新規フォルダを作成し、

そのdefaultフォルダ内に”mobile””admin””user_data”という名前の新規フォルダを作成

data/Smarty/templates_c/default/mobile
data/Smarty/templates_c/default/admin
data/Smarty/templates_c/default/user_d

6・eccubeフォルダ以下すべてをEC-CUBEをインストールするディレクトリにFTPアップロード

7・MySQLでデータベースを作成する際には以下の修正をしておいたほうがよいでしょう。

EC-CUBEのデータベースにMySQLを指定すると文字化けが発生します。対処方法は二つになり、
⇒PostgreSQLでデータベースを作成(この場合、レンタルサーバー対応しているか限定される)
⇒接続時のphpファイルを編集する。
data/class/SC_DbConn.php
ライン55行目の $this->dsn = $dsn; 下に以下の2行の記述をいれる(utf8の場合)

$buf = $objDbConn->prepare(‘SET NAMES utf8’);
$objDbConn->execute($buf);

上記はデータベース接続時のエンコードをutf8にするという記述だそうです。

また、管理画面で”SHOPマスタ登録-課税規則”や”商品マスタ-ステータス”のチェックボックス項目に一部文字化けが残っていました。

SET NAMES記述を加えて、データベース参照時の文字化けが改善されているのですが、一部DB設定が残留しているために発生しているようです。

ECCUBEの仕様上、動作確認時の高速化のためdata/cacheにmtb_*キャッシュが作成されている為です。この場合は該当するファイルをすべて削除して、管理画面を更新したら正常に表示されました。

8・アップロードした以下のフォルダとファイルのパーミッションを変更する

data/install.php 属性666

以下フォルダはすべて属性777に変更
cp
install
install/temp
upload
user_data

data/cache
data/class
data/downloads
data/logs
data/Smarty

9・eccubeインストールのルートディレクトリにアクセスすると、
『eccubeインストールフォルダ/data/cache/ にユーザ書込み権限(777等)を付与して下さい。』
という警告メッセージがでなければcacheフォルダのパーミッションを777変更。

他の警告がでる場合は不足するフォルダを作成したり、パーミッション変更を行う

10・インストール画面が表示され、インストールを開始しようとすると、かなりの数の書き込み権限について
でてくるので、それぞれの属性を適切に修正。
一見、属性の設定がかなりありそうに見えますが、だいたいが同じ系列フォルダ直下になっているので、まとめ変更可能ですが、それでも
結構な量になります。

(このあたりが、CORESERVERがEC-CUBEインストールに適していないといわれる所以でしょうか)

eccubeインストールフォルダ/html/user_data 666

11・警告文がなくなったところで、

■アクセス権限のチェック
>> ○:アクセス権限は正常です

と表示されるので”次へ進む”をクリック

12・ファイルコピーが成功して、画面を遷移すると

■ECサイトの設定

で必要情報を入力して次の画面へ進むと、■データベースの設定画面になるので、最初に設定したMySQLのデータベース情報を入力

13・上記の入力に誤りがなければ”データベースの初期化”画面が表示されるので、データベースを初期化し問題なく画面遷移すると
EC-CUBE管理画面が表示される。

このときページ上部に
“>> /install/index.phpは、インストール完了後にファイルを削除してください。”
と表示されるので、インストール用のindex.phpファイルを削除。

設定した管理IDとパスワードでログインし、EC-CUBEの管理画面が表示されるとEC-CUBEのCORESERVERへのインストールは無事完了しました。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す