LTE(3.9G/4G)とは

LTE(Long Term Evolution/ロング・ターム・エボリューション)とは、第3世代携帯電話の次の新しい携帯電話通信規格のこと。

標準化団体3GPPに於ける3GPP Release.8内で2009年3月に仕様が決定される。
3GPPではE-UTRA (Evolved Universal Terrestrial Radio Access)/E-UTRAN (Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network) とも表記される。

日本国内においては、当初NTTドコモが当規格をSuper 3Gという名称で提唱をし、「Super 3G」と呼称していたが、3GPPにおいて仕様決定した2009年頃からは「LTE」と呼称して、
他携帯電話会社を含めLTEで一般化する。

国内普及する第3世代携帯電話 (3G)であるW-CDMAやCDMA2000と、将来的に登場するとされている第4世代携帯電話 (4G) との中間技術でもあるため、第3.9世代携帯電話 (3.9G) とも呼ばれているが、国際電気通信連合が2010年12月6日にLTEを4Gと呼ぶ認可を下したため、市場においてはLTEというと3.9Gか4Gのどちらかの次世代携帯電話を指す。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す