2012年度MNP転出入au過去最高ドコモ最大減iPhone影響か

2012年度契約状況が携帯電話3社より3月5日に発表された。

公表された内容によれば、MNP(Mobile Number Portability/番号継続制度)の利用により、携帯電話会社を変更しても、同じ電話番号をそのまま継続できる制度を利用して、au(KDDI)が100万件超の転入となり、過去最高になり、ソフトバンクモバイルは40万件超えの転入になる一方、NTTドコモでは過去最低の140万超えの転出となったようだ。

MNPは2006年に携帯電話各社で開始された。それまでは携帯電話会社を変更すると、電話番号を変更する必要があったが、この制度により、電話番号は同一のまま、契約する電話会社を変更できるようになった。

背景には米アップル社のiPhoneを採用する2社への乗り換えが目立った形となったようだ。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す