fla保存形式の非圧縮XFLファイル

Flash Professional CS5では、ファイル保存形式に非圧縮XFLという拡張子の形式で保存可能になっています。

これは、これまでFlashコンテンツの編集をflaファイルやasファイルなどの外部ファイルのみで管理していたものを、細分化してDOMファイルとして個別に管理、編集することが可能になりました。

大規模なFlashコンテンツの制作では役立つようです。

詳細は以下、Adobeサイトよりの引用分に集約されています。

非圧縮 XFL ファイルの操作

Flash Professional CS5 からは、圧縮されていない XFL 形式で Flash ファイルを操作するように選択できます。非圧縮 XFL 形式を使用すると、Flash ファイルを構成する個別のパーツ(サブファイル)を表示できます。このようなパーツには次のものがあります。

Flash ファイル全体について記述する 1 つの XML ファイル。

各ライブラリシンボルを記述するための個別の XML ファイル。

パブリッシュ設定やモバイル設定などを含む追加の XML ファイル。

Flash ファイルで使用される外部アセット(ビットマップ ファイルなど)を含むフォルダー。

非圧縮 XFL 形式で操作することによって、Flash ファイルの各パーツを、異なるユーザーが個別に機能させることが可能になります。また、ソースコントロールシステムを使用して、非圧縮 XFL ファイル内にある各サブファイルに対する変更を管理することもできます。これらの機能を組み合わせることで、複数のデザイナーや開発者が関与する大規模なプロジェクトで、共同作業をより簡単に行うことができるようになります。
XFL ファイルでのライブ更新の使用

非圧縮 XFL ドキュメントの編集可能なアセットに対してライブ更新を使用すると、Flash でドキュメントを開いているときに、非圧縮 XFL ドキュメントのライブラリアセットを編集できます。アセットに対する変更は、他のアプリケーションでアセットの編集が終了すると、Flash に反映されます。

他のアプリケーションで非圧縮 XFL ドキュメントのアセットを編集するには:

Flash ドキュメントを非圧縮 XFL 形式で保存します。

Photoshop などの適切なエディターで、非圧縮 XFL ドキュメントの LIBRARY フォルダーから、編集するアセットを開きます。

アセットを編集し、変更を保存します。

Flash Professional に戻ります。

アセットに対する変更内容が、Flash に直ちに反映されます。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す