Googleクロールエラーの対処と対策

既存のページなどがなくなったときなどに、Googleボットが404 (見つか
りませんでした)でクロールエラーがでます。
ウェブマスターツール上で確認できますが、これはクローラからの警告の
信号でもありますから、きちんと対処し対策する必要があります。

さらにリンク切れが多く発生していると場合によっては悪意を持った不正
行為として判断されてしまう可能性もあるようですが、404エラーが大量
にあったとしても深刻なペナルティになることはないようですが、きちん
と対処しておきたものです。

一般的にエラー専用のページを設けるのがSEO的によいようです。もちろ
ん放置したままでもインデックスが更新されれば自然に解消されますが、
やはりGoogleの検索結果スニペットからのリンク切れでも、対処しておい
たほうがよいでしょう。

エラーページの設置や設定については、404.htmlページを配置して.htacc
essに「ErrorDocument 404 /404.html」を記述します。
レンタルサーバーによっては使用禁止や、絶対パスを指定する必要があっ
たりする場合もありますが、public_html直下に404.htmlファイルをアッ
プすることにします。

404.htmlはサイトのテンプレートを使用して、すぐにトップページや他の
ページに移動できるようにして離脱を防ぐことができます。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください