Dolphin Engineβ版公開Andoroidブラウザの10倍速い?

米国のモバイルブラウザ開発会社MoboTapは、2012年6月19日に、スマートフォン端末などに主に採用されているAndoroid向けのHTML5対応ブラウザ「DolphinEngin」のβ版を公開。

正式版ではないためGoogle Play登録はまだされていないが、MoboTap社のWebサイトからダウンロード可能。
Dolphin EngineはWebKitエンジンをベースにテキストレンダリング機能(canvas、2D context)を高速改良している。MoboTap社によれば、Androidプリインストールの「ブラウザ」の5から10倍、「Chrome for Android Beta」の2倍程度高速閲覧が可能であるブラウザとしてDolphin Engineを紹介している。

MoboTap社はDolphine BrowserをiPhoneやAndroidに提供しており、同社の発表によると1200万人以上になる。またDolphine BrowserはAndroid 2.3(Gingerbread)以降で対応を予定している。

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す