ActionScript3.0によるインスタンスのランダム移動

ActionScript3.0でのステージに配置されたインスタンスMC(ムービークリ
ップ)をランダムに移動させ、当たり判定によってステージ内を浮遊する
ようなスクリプト記述です。

サンプル例の記述ではムービーを読み込んでから、x座標とy座標に1づつ
加算していくので、ステージ右したに移動していき、
特定の座標に到達した時点で、当たり判定をおこない、各座標に対して減
算して逆方向に戻ります。

x座標とy座標の当たり判定の数値を同一にすると同じ方向のみの移動にな
ります。

ActionScript3.0によるインスタンスのランダム移動の記述例】

circleはステージに配置されたインスタンスMC

var mcx : Number = 1; // x座標の移動量
var mcy : Number = 1; // y座標移動量

circle.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,funcMove);
function funcMove(event){
// インスタンスMC移動記述
circle.x = circle.x+mcx;
circle.y = circle.y+mcy;

// x座標とy座標の当たり判定
if(circle.x<45||circle.x>123) mcx *= -1;
if(circle.y<78||circle.y>234) mcy *= -1;
};

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す