AS3.0クラス(リンケージ)配置と参照

AS2.0まではリンケージといって、ライブラリに登録したオブジェクトがありましたが、AS3.0ではクラスという位置づけでライブラリに登録して呼び出しを行います

今回は、ステージ上に”btsprite”というボタンオブジェクトを配置して、ボタン押下時にライブラリ内のクラスをステージに配置します。

spriteLというクラスを設定して、代入をしてmyspriteというMCを生成します。

x座標とy座標をそれぞれ100pxの位置に配置した場合の記述例です。

btsprite.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, DownFunc);

function DownFunc(event:MouseEvent){

var strv:String = "spriteL";

var clss:Class = 
Class(getDefinitionByName(strv));

var mysprite:MovieClip = new clss();

addChild(mysprite);

mysprite.x = 100;

mysprite.y = 100;

trace("マウス押下");


};

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す