WordPress投稿記事の連携Twitterプラグイン

WordPressのプラグインのご紹介。

Twitterとの連携アプリはたくさんありますが、CMS・WordPressと連携するプラグインもいくつかあります。

WordPress投稿記事をTwitterアカウントに連携して投稿するプラグイン

『WP to Twitter』

TweetableやTwitter Toolsですが、プラグイン使用感があまり環境にあわず、投稿がかなり重たくなり、設定が上手くいかないため、WP to Twitterを使用しました。

設定は何度か行い、やっと完了しました。

プラグインはインストール後、TwitterのOAuthにアプリ登録をする必要があり、
ほとんど英語表記なのか、記載通りに行ってもうまく機能しませんでした。

Twitter OAuth認証登録項目の内容

■Application Icon ・・・アプリケーションのアイコン。未設定でも大丈夫です
■Application Name ・・・アプリケーション名称。日本語でも問題ないです
■Description ・・・アプリケーションについての説明
■Application Website ・・・ アプリケーションのサイト
■Organization ・・・ 作ってる組織。自分の名前(ニックネーム)でいいでしょう
■Website ・・・ 作ってる組織のウェブサイト
■Application Type ・・・アプリケーションの種類※ブラウザーを指定しました
■Default Access type ・・・アプリケーションに「読み書き」を許可するか「読込のみ」を許可するか※「Read & Write」を選択

細かい投稿設定も可能なので、設定項目を調整することでタイトルや投稿者などのカスタマイズが可能です。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す