クレジット決済機能をWebサイトに導入する基礎知識

◆クレジット決済導入方式の種類

インターネットでクレジット決済機能を導入する方法と種類、基本的な知識について導入の方式は2種類あり、一つはクレジットカード会社と直接契約する方法ともうひとつは決済代行会社と契約をして各VISAやJCB、MasterCardなどのクレジット会社への決済を代行してもらう方式になる。

前者は個別契約となるのでほとんど利用されることはなく、ほとんど一般の企業やECサービスでは決済代行会社のサービスと契約することになる。

決済代行会社が対応しているクレジット会社はすべて利用できるうえに、審査や手続き、決済処理などを一元化できるのが最大のメリットで、初期費用がなく手数料のみで利用できるサービスも多い。

◆クレジット決済入方の費用

基本は手数料のみだが、そのほかの固定費や維持費、売り上げの確定や決済にかかる追加の費用などを考慮して、最終的に費用がいちばんかからないサービス利用が理想的。

ECサイトサービスなどは、ほとんど代行会社は決まっているためほとんど迷う必要はない。

そのほか、リボ払いなどの支払回数変更や、入金日の短縮や月間の回数変更などのオプションサービスに応じて、追加費用が課金される場合があるので、よく計画を立ててから契約することが推奨される。

 

◆クレジット決済導入の流れ

代行会社への申し込みは1ヵ月前後の期間が必要で、審査段階では対象サイトも必要になるため、あらかじめ準備段階のECサイトなどおおまかなコンテンツを用意しておく必要がある。
審査合格通知があればすぐに利用できる。

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。