VBAループ処理 Do Untilで値が入っている行数を取得の情報

VBAについての情報。

連番処理などでシート内のセルに順番に行をダイナミックに追加していった場合に、最後のからのセルを調べて値が入っている行数(件数)を取得である。

その他の情報としては、A列yの値が空になったとき、y-1が総件数となります。例えば一行目が項目名などのカテゴリーで使用していた場合は、y=1にすることで2行目を1としてカウントできる
があり、特性としてはシート1の一行目から参照して、A列の値が入った最後の行数(件数)までを取得

Sheets(シート1).Select
y = 0
Do
y = y + 1
Loop Until Range(A & y).Value = ことです。

情報カテゴリーとしては、CRMシステムについてのシステム開発に分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
excel vba do until
vba do until 抜ける
vba do until eof
vba do until continue
access vba do until
vba do until loop
vba do until スキップ
vba eof
vba cells
do while vba

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。