async属性の非同期処理JavaScriptの情報

asyncについての情報。
scriptタグの属性には、読み込みファイルを指定するsrcがあり、HTML5ではtype属性はtext/javascript標準で値が指定されており、省略できる属性である。
同じくHTML5から採用されている属性にasync属性があり、Webページのレンダリング処理とは別に読み込み処理を完了してから実行を指示する属性である。

その他の情報としては、他にJavaScriptの実行方法の指定属性にはdeferがありますが、こちらはレンダリングの順番に関係なく、Webページレンダリング完了後に実行される属性です。window.onloadと同じような処理があり、特性としてはJQueryが多用されることで大量の負荷のかかるjsファイルが読み込まれることです。

結論として、Webページの描画に関与する場合はヘッダ内に記述し、非同期の処理が必要な場合はasync、重要性の低いスクリプトに関してはdefer属性を指定するのがよいということが、asyncについてのおおまかな情報になる。
情報カテゴリーとしては、非同期処理についてのJavaScriptに分類される。
情報について、検索エンジンのGoogleでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。

async 読み方
asyncとは
async await
c# async
ajax async
jquery ajax async
async network io
async task c#

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。