CVSにおけるブランチとトランクについて

バージョン管理ソフト、CVS (Concurrent Versions System) についての基本的な用語にブランチとトランクがあります。

ブランチは和訳すると「枝・分岐」などになり、トランクは「幹」という意味になります。

システム階層の構成などを木に見立てることがあるためこのような呼ばれ方になったのか定かではありませんが、CVSにおいて任意のリビジョンの本系統が「幹」そこから、別系統を作成して履歴を管理する分岐をブランチといいます。

一般的には本流の開発とは別の履歴体系を必要とするときなどにトランクを作成して、バージョン管理を分岐させるときに利用されます。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。