Webブラウザで24種類のプログラミング言語ソースチェック可能なサービス

24種類のプログラミング言語をWebブラウザ上で実行テストできるWebサービス『paiza.IO』。

通常ローカルクライアントでは実行されず、Webサーバーと必要アプリケーションの設置など、環境構築の必要があるサーバーサイドで実行されるプログラミング言語による記述や処理。

C++をはじめ、Java、PHP、Perl、Ruby、Pythonなどのソースコードチェックに対応しているので、プログラミング初心者がコード記述の練習や、シンプルなソースコードを少しだけチェックしたいときなどには重宝しそうだ。
その他、外部APIを利用する外部ネットワーク接続や、ファイルアップ機能などにも対応しているので、ある程度までのチェックは可能になりそうだ。

利用には個人的に実行コードが公開されるが無料であり、業務での法人利用は有料化も予定されている。

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。