co.jp com net jpドメインの違いと意味、費用

インターネット上のホームページURLであるドメインには、トップレベルドメイン(ドメイン名最後の項目)に『co.jp』『com』『net』『jp』などありますが、その違いとメリット、年間費用について。

まず大きな違いについては、年間費用や用途、取得条件がことなります。

『co.jp』は、日本企業のみが対象で、対象の日本企業が1つだけ取得することができます。
ほとんどの日本の代表的な企業がco.jpを使用していて、日本企業としは信頼性があるドメインともいえます。

『com』はcompanyの略で企業を対象に『net』はnetworkの略で、インターネットサービスプロバイダ(ISP)やネット関連業者や団体などに利用される傾向がある。

どちらも、特に目的や用途などは定められておらず、国籍や個数の制限はないため、世界的に利用される数は多い。

『jp』は、日本を所在地にする事業者や団体、個人などを対象に取得できるドメインで、個数の制限などはない。

年間費用については、レジストラ(登録代行サービス業者)により、費用はそれぞれ違います。

『co.jp』・・・・・4000円前後
『com』『net』・・1000円前後
『jp』・・・・・・3000円前後

上記あくまでも目安であって、実はどの種類のドメインでもインターネット上ではあまり違いはない。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。