レベニューシェアとは

レベニューシェアとは、売上配分型のシステム開発です。

契約内容によりことなりますが、初期費用など無しで、開発費用も完全成果報酬のフルコミッションから、初期投資を数十万円からに抑え、売上げに応じて報酬分配されるため、
スクラッチでの受託開発にくらべ、クオリティの高い成果物とコンスタントな技術提供が見込めるため、新規事業や投資を懸念する企業により近年ニーズが高まりつつあるシステム開発の依頼方法です。

受託開発型のシステム開発会社などは、市場縮小や発注がなければ経費倒れしてしまうケースが多く、中小のシステム開発会社でも見直されているアライアンス形態となっている。

企画や事業展開の流通経路を持つ依頼元会社と、システムエンジニアを擁し専門に開発業務を手がける開発会社が新規事業などを共同で開発して、リスクをシェアしながら、プロフィットも同様に分配できる形式。

なので、仮に新規事業が大きな利益を生んだ場合は依頼元の企業だけではなく開発会社にも大きな利潤をもたらし、もし事業が頓挫した場合には、依頼元の企業にはシステム開発費用の投資の損失はほとんどなく、システム開発会社側でも、余剰リソースを上手く活用することが可能であれば、本来損失すべきリソースで大きな事業投資を行うことが可能になる。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。