FirefoxのJavaScript有効と無効設定

以前のバージョンでは、オプションからの設定が可能だったのだが、最近のバージョンではプラグインあabout:configからしか設定できないらしい。

アドレスバーに、『about:config』を入力して、警告画面を確認して、設定項目一覧の画面をブラウザ上のウィンドウに表示

検索バーからjavascript.enabledと検索すると、JavaScriptに関する設定項目が表示されるので、クリックして、値項目を変更。

trueは有効で、falseは無効になる。

これでFirefoxのJavaScriptの有効と無効の設定が可能です。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。