韓国サムスン電子24%の減益とスマホ不振

2014年4?6月期の決算がサムスン電子により発表。

営業利益が前年同期比24.6%減で、7兆1900億ウォン(約 7200億円)とし、減益の要因として主力スマートフォン事業の不振の影響で大幅減益となったようだ。

売上高も8.9%減で52兆3500億ウォンとなり、サムスン電子によれば、通貨ウォン相場の高止まりの影響もあり、営業利益の減少の原因としている。

スマホ事業はとりあえず、一次的な頭打ちとなっていて、携帯電話が普及したインパクトに比べると、それほど驚くべき要素は少ないように感じる。

電車の中で周りにスマホを手にしている人が4人いたが、四人ともパズルゲームをしていたのは興味深い。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。