Outlook2013メール文字化けがエンコードでも読めない時の対処

Outlookでは結構文字化けが頻発してますが、エンコードで対処しても文字化けが治らない場合があります。

もし、メールがHTML形式であった場合は、ソースコードを表示することでメールの解読ができる場合があるので、試してみましょう。

■エンコードでも直らない文字化けHTMLメールを解読する方法

1.文字化けメールをダブルクリックして表示します。

2.メッセージタグが選択されているのを確認し、下の「移動」項目の中のメールと手紙のようなアイコンの右側のプルダウンをクリック

3.メニューの中から「その他のアクション」を選ぶとさらにメニューがでるので、「HTMLソースの表示(s)」を選択するとメモ帳などでメールのソースコードが表示され文章も読めるようになる

補足.3の操作でメニューの中から「ブラウザで表示」を選ぶとブラウザが起動されメールが表示できるが、これはブラウザで不正な記述が実行される場合もあるので、知り合いからのメールでもこの方法での表示は行わない方がよい

以上

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。