KEI値とはSEOのどのような目安になるのか

KEI値 (Keyword Effectiveness Index)とは、キーワード有効性指標のことで、

KEI値 = 該当キーワード月間検索回数の2乗 / 該当キーワード検索結果のヒットページ数

で算出される数値のことです。

該当キーワードがSEO対策でどのぐらいの効果が見込めるかの参考的な指標で、KEI値の数値が高くなればなるほど、上位表示がしやすいという参考の値になります。

具体的には1000を目安にそれ以上であれば、施策効果が得られやすく、それ以下で0に近づけば近づくほど、競合率が高くなり難易度が高くなるとされます。

ただし、月間検索数が少なく、ヒットページ数が比例して少なくない場合は、KEI値が高くなるので、算出方法としてはあくまで目安となる値であり、指標とするには不完全な数値であることが否めないようです。

どちらの対象の値も、ある程度の母数量となった時点で商業的価値を持つようで すが、あくまで対象キーワードの単価や消費スパン、消費者の母数量によっても一概になんとも言えないので、指標としては一般的に使われるキーワードに対して、検索エンジンがインデックスしているページの多寡を計るひとつの目安、程度と捉えるのがよいでしょうか。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。