商業サイト色は、やはりグリーンを使用しない方が良いいくつかの理由

よく商業用のサイトでは青やオレンジが使用されますが、なんら根拠がなくこれらの色が使用されるわけではありません。

中には奇をてらったり、意図的に使用したりする人もいるようですが、なかなか対象となるサイトは限られてくるのではないでしょうか。

まず、緑・グリーンの一般的なイメージですが、

安心や安定感、調和を表現して、樹木や森などの自然やリラックス、落ち着きや安静をイメージしやすい色です。

緑色自体は中性色で、ほとんどの商業サイトでは使用されていません。

ただ、商品やサービスが上記のようなイメージを必要とする場合に使用されることが多いようです 。

また、あるWebサービス業者がとった色別のボタンのCVRによれば、青とオレンジがクリック率が高く、緑は最下位でありました。やはり予想通りというか、当然の統計が公開されていました。

もしあなたの運営するサービスの集客やコンバージョンがいまいちなら、配色を変えることで多少はCVRなどが上昇するかも?

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す