Windows8-Style UIとは-Modern UI

あるWebサービスを利用しようとしたら、

『本コンテンツはWindows 8-style UIに対応していないため、デスクトップでのご利用を推奨しております。
もしWindows 8-style UIでご利用中の方は、画面右下の「ページツール(スパナマークのアイコン)」より「デスクトップで表示する」を選択いただくことでデスクトップに切り替えることができます。』

と表示された。

Yahoo! JAPANヘルプセンターには以下のような記述が

『Windows8で映像などが正しく表示されない(Windows 8-style UIでご利用の場合)
Windows8のWindows 8-style UIをご利用の場合、Yahoo! JAPAN内の一部のコンテンツ(または、他社の映像コンテンツなど)が対応していないため、正しく表示されないことがあります。
その場合は、「デスクトップ」での利用を推奨しています。
画面右下の「ページツール(スパナマークのアイコン)」で「デスクトップで表示する」を選択し、「デスクトップ」に切り換えてご利用ください。 』

Windows8 Style UIとは、マイクロソフトが作り出したユーザーインターフェースで、もともとのコードネームは「Metro」とされていたが、商標上の問題からか、2012年8月から「Modern」とされている。

Modern UIは、スイスのクラシカルなデザインを基にされていて、Webサイトに類似するデザインが使用されることがあるが、そのようなデザインはフラットデザインといわれる。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください