WordPressで絶対にやらないほうがいい3つの事

CMSとして、日本でもかなりの認知度と利用者が増加しているWordPressですが、
利用するにあたって絶対にやらないほうがいい3つの事を紹介します。

これはあくまでいくつかの事例を元にしているので、参考程度にしていただくのがよいでしょう。

WordPressで絶対にやらないほうがいい3つの事

■その1-データベースの移管はしない
WordPressの構築されている情報はMySQLなどのデータベースソフトで管理されていますが、データベースのバックアップはあくまで、同一サーバの同一ディレクトリを前提にして、ほかの階層やサーバーへの移転は決して行わない方が無難です。DBを直接操作できるかたでも、おそらく時間を無駄にするだけです。
themesフォルダとエクスポートしたXMLファイルで対処するようにしましょう。

■その2-WordPressのアップグレードはしない
WordPressは本当に便利なCMSで、WordPressの更新情報やプラグインの更新情報を随時知らせてくれます。また、アップグレードはクリック数回でできるため、簡単にできますが、プラグインの内容や、内部ファイルを改変していた場合、デフォルトの状態に戻ってしまうため、それまで表示できたものが表示されなくなったり、いちばんひどい場合は、管理画面が真っ白になり、一切操作できなくなります。必要なファイルをバックアップして、WordPressのバックアップを保存し、改変した内容やプラグインの連携記述を保存してからアップグレードしましょう。

■その3-パーマリンク設定の変更はしない
開設する前の設定は構いませんが、一度公開したらパーマリンクは一切変更しないほうがよいでしょう。特にSEO的な効果を期待してパーマリンクを変更すれば、それまでとはパスが異なることになり、変更後のパーマリンクのパスでインデックスされてしまいます。実はwp-twitterが機能しなくなったりした。
そこから再度変更するようなことになると、すべてのページがリンクデットで登録されてしまい、回復までのロスは図りしれません。

以上、WordPressでは絶対にやらないほうがいい3つのことでした。
読んでいる方も、ほかにやるべきでないことがあればドシドシコメント頂戴。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残す