カテゴリー別アーカイブ: スマートフォン

コンパニオンアプリの知識

コンパニオンアプリに関係のある知識が必要な場合は、Yahooサーチ検索では下の関連キーワードで検索してもよいでしょう。

コンパニオンアプリについてより理解を深めるための検索キーワードの組み合わせには、
メタルギアソリッド5 コンパニオンアプリ
メタルギア コンパニオンアプリ
mgs5 コンパニオンアプリ
メタルギアソリッド コンパニオンアプリ
MGSV コンパニオンアプリ
MGSV TPP コンパニオンアプリ
MGS コンパニオンアプリ
TPP コンパニオンアプリ
fifa15コンパニオンアプリ
mgs5 TPP コンパニオンアプリ
など。

別の知識としては、テレビと連携する場合は、番組表を見たり番組予約なども可能で、ゲームにおいてはナビゲーターやチャット機能ができるである。特徴としては、一般的にはテレビやDVD・ブルーレイレコーダーなどのAV機器、ゲーム機や健康管理機器など、日常生活に密着したものが多い
というところにあります。

分類としてはタブレットアプリおよびアプリケーションにカテゴライズされる。

7年ぶりガラケー出荷増とスマホ2年連続減少に関する道具重力

2015年2月3日、調査会社であるMM総研から2014年度の携帯電話国内出荷状況調査が発表された。

調査結果によると、フィーチャーフォン(俗語:ガラケー)である従来型携帯の出荷数が、1058万台となり前年度比で5.7%上昇とし、2007年度の調査結果以来、7年ぶりに前年度を上回ったと公表された。 同調査において2014年度スマートフォンの出荷台数は、前年度比5.3%減の2770万台と2年連続で減少。

明らかに新しくある一定数まで増加するはずのツールと、減少し続け消滅するだろうと予想されるツールのこうした数値の裏側には、それぞれの道具重力の違いがあるからだろう。

従来型携帯とスマートフォンのそれぞれの道具重力、つまり道具自体が持つインパクトや革新性、需要量とその継続性を比較すると、当然、前者の方が格段に高い。

ポケットベルや大型の携帯通信機の時代から、掌に収まる携帯電話は一般人が契約できる価格帯で市場に普及したことを道具重力15とするならば、スマートフォンの普及からの道具重力はせいぜい2ぐらいでしかないからだ。

確かにスマートフォンは多くのデータやヴィジュアルをフィーチャーフォンと比べると飛躍的に容易に取り扱えるようになっているが、根本部分では情報や用途の重要度においては、さほど革新的な進歩はない。

道具重力の基準については、”実質的”な部分でその道具が革新的であるかどうかだ。

スマホアプリは実にいろいろな事ができるけれでも、実質的な意味ではそれぞれに特化した道具には及ばないものがほとんどだ。いうなれば”50得ナイフ”のような感覚に近いだろう。

ネット情報を閲覧することとか、簡易的なゲームをすることはほとんどの人にとって、”その時”に重要度がそれほど高くない場合が多いはずだ。電車の中を見れば、新聞や雑誌のそれが、スマホに変わったに過ぎない。本質的な変化はなく、”道具”が入れ替わったに過ぎない。

それを踏まえたうえで、実質的にフィーチャーフォンへの変化の重力と、スマホへの変化の重力は大きく違っている、異質なものだといえるのだ。モバイル機器ごとの出荷数の増減については、道具重力の違いの影響が少なからずあると考えられる。

LINEスタンプ 個人での販売方法

4億人を超えたとされるユーザー数のLINEですが、スタンプが個人で販売で販売するときの方法です。

個人で販売するときには、LINE Creators Marketにクリエーター登録する必要があり、個人サイトなどでの販売はできません。

また、LINEアカウントが必要になるので、クリエイター登録前にLINEアカウントが必要になります。

■LINE Creators Marketへの登録からスタンプ販売まで

0.スタンプイラスト画像の制作
販売するスタンプ画像40個、メイン画像1個、トークルームタブで使用する画像1個の合計42個の画像を準備。

■メイン画像
必要数:1個
フォーマット:PNG
サイズ:W 240×H 240 pixel

■スタンプ画像
必要数:40個
フォーマット:PNG
サイズ (最大):W 370×H 320 pixel

■トークルームタブ画像
必要数:1個
フォーマット:PNG
サイズ:W 96×H 74 pixel

【その他の注意事項】

※スタンプ画像のサイズは、自動で縮小するために偶数のサイズにしてください。
※解像度は72dpi以上、カラーモードはRGBを推奨します。
※画像は1個 1MB以下で作成してください。
※42個すべての画像を1つのZIPファイル形式でアップロードする場合、ZIPファイルは20MB以下で作成してください。
※キャラクターなどの背景は透過でお願いします。

1.クリエイター登録
必要な情報を入力しクリエイターの登録を行います。

2.テキスト情報とスタンプ画像の登録
タイトルやスタンプ説明文等のテキスト情報を登録します。
販売するスタンプ画像40個、メイン画像1個、トークルームタブで使用する画像1個の合計42個をアップロードします。

3.スタンプの審査

スタンプ登録完了後、販売基準を満たしているかサービサー側で審査されます。(混んでると1ヵ月前後かかる模様)

4.販売開始

審査通過後、リリースボタンをクリックすると、LINEウェブストアが販売スタートされます。
販売価格はできず、一律で1個100円となっている。