カテゴリー別アーカイブ: WordPress

電話番号の正規表現チェックのPHP関数-PHPの解決方法

今回のシステム開発で取り扱うテーマは『PHPで電話番号の正規表現での入力チェックをif文記述で判断』の解決方法である。

PHPで正規表現をチェックするにはpreg_match関数をつかいます。

電話番号が半角数字とハイフンで入力されていませんとする。

解決方法の補足として、ハイフンを含んだ場合の記述例でしたが、ハイフン無しも併せてチェックする場合は、preg_matchiの引数として以下の記述とします。
/^([0-9]{3}-[0-9]{4})?$|^[0-9]{7}+$/があり、電話番号の正規表現チェックについて今回のテーマの補足知識となります。

問題解決カテゴリーとしては、PHP関数についてのPHPに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
php 電話番号 判定
php 電話番号 正規表現 ハイフンなし
php 電話番号 ハイフン
php 電話番号 正規表現
php 電話番号チェック
php 電話番号 バリデーション
php 電話番号 ハイフン 追加
php 電話番号 フォーマット
php 電話番号 正規表現 ハイフン
php電話番号ハイフン削除

WordPressでPタグBRタグが自動で消える

WordPressの記事投稿や固定ページなどで、HTML編集モードでPタグを含むテキストを入れ保存した場合、Pタグの段落タグや改行のBRのタグが自動的に消去されている場合があります。

また、ビジュアルモードからHTMLモードの切り替えでも改行タグや段落タグが自動的に消えています。ブラウザに出力したソースコードを見るとPタグ等が見られますので、WordPressのエディタ上で見ることができないだけのようです。

回避策としては、プラグインをインストールすることで、エディタ上に表示できるようです。

TinyMCE Advanced Plugin

高度なオプション設定の最後の方に、HTMLエディタの投稿内容についての表示や保存時のPタグやBRタグの消去をしないというオプション設定があり、チェックを入れることで表示されるように設定保存すること可能です。

WordPressカレンダー土日の色変更-Page02

WordPressカレンダーウィジェットの土日の文字色変更方法の続きです。

CSSの指定ができるようになったら、記述にあわせて、以下のように条件分岐でCSSのセレクタを出力できるように編集記述します。

$daysinmonth = intval(date(‘t’, $unixmonth));
for ( $day = 1; $day <= $daysinmonth; ++$day ) {
if ( isset($newrow) && $newrow )
$calendar_output .= “nt</tr>nt<tr>ntt”;
$newrow = false;

if ( $day == gmdate(‘j’, current_time(‘timestamp’)) && $thismonth == gmdate(‘m’, current_time(‘timestamp’)) && $thisyear == gmdate(‘Y’, current_time(‘timestamp’)) )
$calendar_output .= ‘<td id=”today”>’;
elseif(calendar_week_mod(date(‘w’, mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear)))%7 == 0)
$calendar_output .= ‘<td class=”sun”>’;
elseif(calendar_week_mod(date(‘w’, mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear)))%7 == 6)
$calendar_output .= ‘<td class=”sat”>’;

else
$calendar_output .= ‘<td>’;

これで、週末の土日に該当する日はそれぞれの色が付きます。

ちなみに、週の始まりを月曜にするか、日曜日にするかはPHPの編集は必要なく、ダッシュボードの設定、週の始まりで設定可能です。

<< Page01 へ戻る