カテゴリー別アーカイブ: SEO対策

InstagramのAPIでアクセストークンとユーザーIDを取得

画像を読み込んでホームページ内に一覧表示させるために、InstagramからAPIでアクセストークンとユーザIDを取得してみる。(2019年5月 現在)

 

1:インスタグラムにログインする

画像を読み込むインスタグラムのアカウントにログインします。

 

 

2:アプリケーション登録

ログインしたら一番下のフッターメニューの「API」をクリック。

画面がかわるので、Developer Signupで対象サイトURLなどを入力。初回は電話番号が必須らしい。

 

登録申請すると、管理画面から[Resister Your Aplication]でアカウント作成して、Register new Client IDで新しいアカウントを作成します。

基本項目はなんでもよいのですが、Valid redirect URIs:(基本的に読み込ませたいサイトURL)は覚えておきます。

 

3:アカウント作成

アカウントを作成すると[Manage Clients]にinsta_appが追加されるので、Client ID xxxxxxxxxxxを確認。

以下のアドレスにアクセスして、CLIENT-ID(取得したクライアントID)とREDIRECT-URI(登録時のValid redirect URIs)の部分を作成したアカウント情報でアクセス。

 

https://www.instagram.com/oauth/authorize/?client_id=CLIENT-ID(取得したクライアントID)&redirect_uri=REDIRECT-URI(登録時のValid redirect URIs)&response_type=token

 

このとき、エラーメッセージなどが表示される場合は、引数が間違っているので正確にコピペしてつなげる必要がある。

 

 

例)リダイレクトURLが登録したものと違っている。

error_message “Redirect URI does not match registered redirect URI”

 

 

4:API認証

情報が正しいと、This app is in sandbox mode and can only be authorized by sandbox users.という認証画面に遷移するので、承認ボタンをクリックで完了。

 

そうするとリダイレクトサイトURLに移動するので、アドレスバーにアクセストークンが表示される。

 

https://リダイレクトURL/#access_token=xxxxxxxxx.xxxxxxxxxx.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx(アクセストークン)

 

これでアクセストークンは取得できる。

 

 

 

5:ユーザーIDの取得

以前はユーザーIDは登録時に生成されていたが、APIが終了してしまったというこで、アクセストークンで取得しなければならない。

 

以下のようにアクセスすることで、APIから情報が取得できるので、一番上のID情報がユーザーIDになる

 

https://api.instagram.com/v1/users/self/?access_token=xxxxxxxxx.xxxxxxxxxx.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx(アクセストークン)

 

 

 

ホームページ内にインスタグラムの画像を表示させるために必要なアクセストークンとユーザーIDは以上の手順で取得できました。

 

 

 

 

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

SEOやめた結果こうなった

Webサイトやページコンテンツ制作時には、どうしても無意識的に

検索エンジンに対してどうだろうか?

評価されるだろうか?

みたいなことばかり気にして文言や情報の設計をほぼ無意識にしていたので、TOPページのアクセスよりも各ページ単位でのアクセスが多いWebサイトを、思い切ってUI中心のWebサイトに作り変えてみました。

 

そもそも、検索エンジンを念頭に文字を不自然に配置したり伝達したいことを歪曲したりする習慣がついていたことにとても違和感があり、むやみに文章を増やしたりして、なんら疑いを持たずに従属していることに疑問がありました。

SEOを考えてWebコンテンツを作らされることに嫌悪感を覚えていたので、検索エンジンの評価を無視してUIのみを意識してリニューアルしてみたのでした。

そう、SEOを捨ててみた。

 

結果、しばらくするとGoogleではTOPページのインデックスは外されほぼ圏外に。

また、それまで1000ページぐらいウェブマスターツールでインデックスされていたのが700ページ以上解除されている。

盲従しているひとだと軽いパニックになるかもしれませんが、冷静に考えると全体のアクセス数などはその後もあまりかわらず、結果としてウェブマスターツールアカウントを削除したらなんかすっきりした。

そして中途半端にSEOを意識するぐらいなら、アナリティクスなんて見るのも時間の無駄だったと痛感しました。Jetpackでおおよその解析はできるし。

そもそもSEOにかける時間や資源がないWebサイトなどに、アクセスやUUが増えた減ったを見てもほとんど有効な施策はできないし。

ちなみにBingではしっかり上位表示がキープされていました。

SEOで労力対効果を考えた場合、Googleの場合は徒労に終わる(わりにあわない)キーワードも多いから、イメージ通りのコンテンツを制作して流入はすくなくなるもののBingからの確度の高いアクセスを中心にWebコンテンツ展開するのも、ひとつの考え方じゃないかと再考しました。

 

 

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

OGPについて

metaタグについての情報。

OGP(Open Graph Protcol)はHTMLページのヘッダ部などに記載され、SNSでページがシェアされたときに、ページデータ構造として、データ部を指定した表示させることができる仕組みです。

その他の情報としては、主なSNSではFacebookやTwitter、mixiなどに対してmetaタグの記述でページの情報を構造化して伝えることができるがあり、特性としてはOGPの利点としては、SNSなどでシェアした際にURL以外にアイキャッチ画像やページタイトル、概要などを指定して表示できるところにあることです。

カテゴリーとしては、SNSについてのシステムファイルに分類されます。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされてます。
facebook ogp
ogp 設定
wordpress ogp
ogpタグ
いいねボタン ogp
ogp 確認
ogp image
ogp 測定機
ogp twitter
ogp 測定

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。