カテゴリー別アーカイブ: PHP

三項演算子=条件演算子 PHP/WordPress

PHPだけに限らないが条件演算子(参考演算子)というのがある。
WordPressでPHPファイルをカスタマイズする際にもたまにでてくる。

expr1 ? expr2 : expr3

[真偽値式] ? [真の評価式] : [偽の評価式]

条件式 ? 式1 : 式2

要するに、最初の条件式の値(真/TRUE or 偽/FALSE)によって結果を選択するための演算子。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

$argsの意味

$argsとはarguments、すなわち引数という意味です。

参考の例文などに仮の引数としてあてがわれることが多いようです。

ほかにはargv(arguments value)やargc(arguments coutet)などもありますが、いずれも仮の引き数値を表すための表現です。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

PHPで送信フォームの値が取得できない状態を解決する方法

Web制作の工程でform送信で、送信データがクリアの解決が必要になったので、PHP記述のform送信の送信データがクリアを解決してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずデータ送信の確認をします。

formタグ属性のmethod=””get””として、送信先のURLの引数にデータが付属しているかを確認します。

 

 

その次に、変数値での確認をします。

formタグのactionで指定したページが表示されたら、送信後のページにecho ($_POST[‘test_data’]);でデータが取得できているかを確認をします。

 

 

最後の手順としてはaction属性のURLを確認で、

phpとデータ送信に問題がない場合は、送信値がきちんと変数で受け渡されていないか、いちど送信データがクリアされているので、action属性のURLに拡張子がついていない場合は末にバックスラッシュ/をつける。

という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、Apacheの場合は仕様でmod_dirという標準モジュールの機能で、一度末尾無しのディレクトリを参照したのちに、再度バックスラッシュを付属してURLを再表示されているため、一度送信データがクリアされて表示されているのでデータが取得できないという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。