カテゴリー別アーカイブ: HTMLタグ

HTMLページをインデックス、発リンク、アーカイブさせない(noindex,nofollow,noarchive)

HTMLのヘッダ部分、メタタグでの記述。

robots=検索エンジン(Googleなど対応している検索エンジン全般)
に対して、

noindex=登録させない(インデクサに登録させない)

nofollow=発リンクを無効化(ページからのリンクジュースを付与しない)

noarchive=クローラがページを記憶しない(検索エンジンにキャッシュ情報を登録させない)

をまとめて記述することで、ページが検索結果やページキャッシュとしてインターネット上から検索できないようにしておくことができる。発リンクも無効にすることで被リンクなどからサイトをたどることを防ぐことができる。

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow,noarchive” />

基本的には検索エンジンを通して公開したくないページなどのheadタグ内に記述する。
ただし、インターネット上に公開されていないというわけではないので注意が必要。

OGPについて

metaタグについての情報。

OGP(Open Graph Protcol)はHTMLページのヘッダ部などに記載され、SNSでページがシェアされたときに、ページデータ構造として、データ部を指定した表示させることができる仕組みです。

その他の情報としては、主なSNSではFacebookやTwitter、mixiなどに対してmetaタグの記述でページの情報を構造化して伝えることができるがあり、特性としてはOGPの利点としては、SNSなどでシェアした際にURL以外にアイキャッチ画像やページタイトル、概要などを指定して表示できるところにあることです。

カテゴリーとしては、SNSについてのシステムファイルに分類されます。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされてます。
facebook ogp
ogp 設定
wordpress ogp
ogpタグ
いいねボタン ogp
ogp 確認
ogp image
ogp 測定機
ogp twitter
ogp 測定

別ページ内へのアンカーテキストリンクがずれるの問題解決

別ページ内へのアンカーテキストリンクがずれるに関係のある知識が必要な場合は、Yahooサーチ検索では下の関連キーワードで検索してもよいでしょう。

別ページ内へのアンカーテキストリンクがずれるについてより理解を深めるための検索キーワードの組み合わせには、
アンカーテキスト 意味
アンカーテキスト 作り方
アンカーテキスト タグ
アンカーテキストとは?
アンカーテキストの分散
アンカーテキスト HTML
被リンク アンカーテキスト
アンカーテキストリンク
ペンギンアップデート アンカーテキスト
アンカーテキスト ハイパーリンク
など。

別ページ内へのアンカーテキストリンクがずれるの問題解決について。

アンカーテキストリンクで別ページの所定の場所にリンクしたいとき、なぜかID指定した場所に移動しないことです。

今回の問題としては、JQueryによる画像制御部分がページ内に存在していたため、heightなどでブロック要素の高さ指定をすることで正常に別ページ内で遷移するがあります。

問題解決について、別ページに移動後、再度ページを読み込むと、所定のIDで指定した箇所へ移動するである。特徴としては、高さを指定できな画像があった場合にページ読み込み時に移動場所のずれがおこる。再読み込みで正常に移動するのは、JQueryで指定した箇所の高さが正常に認識されるためだろうというところにあります。

参考としてちなみに別ページ遷移後のページ内の場所を指定する場合、UR+#アルファベット+数値などで指定するが、必ずアルファベットから指定する必要があり#は、フラグメント識別子というということで、別ページへのアンカーテキストリンク
の要約とする。

分類としてはフラグメント識別子およびアンカーテキスト
にカテゴライズされる。