Webマーケティング発想の取得方法

Webにおける戦略では、すべてではないけれど、情報の重要性はやはり高い。

 

大切なのは情報に支配されるのではなくて、目的に合致した情報を効率良く取得できる取り扱いができることだ。

 

では、どういった経路で入手するかというと、決してニュースサイトやポータルサイトでは手に入らないと感じる。ましては雑音が交錯するSNSなどでは、別の意味で迂回してしまう。

 

マーケティングの発想は、”アンテナ人(びと)” を探すのが一番だと思う。

 

アンテナ人といっても、いつもトレンドのサービスや技術情報を追いかけて得意げにしている人ではない。

 

こういった人はニュースサイトと一緒で、情報の質がナチュラルな必要性からではなくて、ある種の義務的なルーティンから伝播されるものなので、価値はそれほど高くない。

 

アンテナ人とは、実際に自分の欲望に忠実で、実直で、より本質的に情報をフィルタリングしている人だ。

また、相対的にみると、平均的な価値感よりも、良い意味で”すこし浮いた人” である必要がある。

 

アンテナ人を追いかけていったり、知人になったりすると、実用的な情報や交流経路が発見される。

多分これは、情報のとらえ方が『知識』ではなく、混じりけのない『実用』に裏付けられているからだ。

 

 

AdWords と AdSenseの違い

AdWords と AdSense(Web広告サービス)の違いは、どちらもネット検索サービスGoogleの提供するサービスで、Google AdWordsはネット広告を掲載したい人向けのサービス、Google AdSenseは、自己で管理するサイトなどに広告を表示させ、クリックや表示回数に応じて広告収入が得られる、アリフィエイト的な広告サービスです。
おおまかな違いは、どちらも同じWeb広告サービスながら、性質は全くことなるので、普段利用したことがない人には、ほとんど区別がつかないことが多いことです。
その他参考として、具体的には、Google AdWords プログラムは、Google検索結果に基づきパートナー ネットワーク サイトや関連性の高いページに広告を表示させ広告サービス、Google AdSense プログラムは、Google AdWords広告を関連性の高い個人のウェブサイトに広告配信させるアフィリエイトサービスことです。
AdWordsとAdSenseは
違いの分類としてはWeb広告サービスになる。

ちなみに、検索エンジンでは
google adwords
アドセンス 単価
google 広告 料金
google adsense単価
アドワーズ 料金
adwords 規約
google adwords adsense 違い
adwords adsense 違い
adwords お試し
adsense 出稿
などで分類されている。
adwords adsense 違い
google adwords adsense
microsoft adsense adwords
adwords
google adwords
adsenseとは
google adwords ログイン
adwords ログイン

Googleキーワードプランナーにコンバージョン予測機能が追加

2014年11月20日米GoogleがGoogle+で、キーワードプランナー(Keyword Planner)にコンバージョン予測(Conversion estimates)の機能追加を発表。

これにより、入札金額や予算変更時の広告ROIの変化予測がある程度可能になる見込みだ。

Googleアカウントの過去のコンバージョン情報やコンバージョン率などの数値を元に予測され、広告主の入札金額や予算の変更に応じて、ROASや平均CPA、コンバージョン数などの広告ROIをパソコンとモバイルに分類して予測表示する機能だ。