SEO対策

CSSのfont-familyで記号が小さく表示される状況を解決する

Webの制作過程で表示が小さい記号文字の対処が必要になったので、HTMLソースのプロパティfont-familyで解決してみます。

 

はじめに

最初の手順としては、まずCSSファイルを特定記号〇や△などを表示指定する一番最後に読み込まれるセレクタの場所を特定します。

 

その次に、

font-familyプロパティを、font-family: “”メイリオ””, Meiryo, Osaka, “”MS Pゴシック””, “”MS PGothic””,’Century Gothic’, sans-serif;
などで指定をします。

 

最後の手順としては

対象ページで、キャッシュクリア後に特定の記号の大きさが通常サイズか確認することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、font-familyを指定しても、CSSセレクタの優先順位や読み込まれる順番などにより正しく反映されない場合があるという点について注意する必要があります。

SEO対策

backgroundの背景画像と背景色-CSS背景の透過の解決方法

cssによる背景色や背景画像の透過指定方法は、主に2種類の指定方法があり希望するビジュアル効果による指定方法
の解決方法である。

単純に要素透過させたい場合

opacity:0.5;

とすることでレイヤー自体を透過させることができる。
ただこの場合は、子レイヤーすべてと背景とともに文字が含まれていた場合、文字も透過されてしまうので、
背景色のみを透過させる場合は、

background: rgba(255, 255, 255, 1.0);と指定
とする。

解決方法の補足として、背景画像のみを透過させたい場合は、background:rgbaプロパティで値を指定するか、
背景色のみを透過させるレイヤーを内部に制作して、背景色を透過させることで疑似的に背景画像を透過させる方法のいずれかとなる
があり、backgroundについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、背景画像と背景色についてのCSS背景の透過に分類される。

SEO対策

backgroundのサイズ変更-CSS背景画像のサイズを変更するの解決方法

backgroundで指定した背景画像のサイズ変更の指定方法と記述の解決方法である。

背景画像サイズを変更したいCSSセレクタのbackground-sizeプロパティで値を指定しますとする。background-size:50px 100px;background-size:50% 100%;

解決方法の補足として、値は通常の指定方法、widthやheightautoやパーセンテージ、pxなどが指定可能
があり、backgroundについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、サイズ変更についてのCSS背景画像のサイズを変更するに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
css background-size
webkit-background-size
background-size cover
background-size:contain
background-size ie
background-size ie8
background-size android
background-size ie9
background-position 右から
background-size 効かない