backgroundのサイズ変更-CSS背景画像のサイズを変更するの解決方法

backgroundで指定した背景画像のサイズ変更の指定方法と記述の解決方法である。

背景画像サイズを変更したいCSSセレクタのbackground-sizeプロパティで値を指定しますとする。background-size:50px 100px;background-size:50% 100%;

解決方法の補足として、値は通常の指定方法、widthやheightautoやパーセンテージ、pxなどが指定可能
があり、backgroundについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、サイズ変更についてのCSS背景画像のサイズを変更するに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
css background-size
webkit-background-size
background-size cover
background-size:contain
background-size ie
background-size ie8
background-size android
background-size ie9
background-position 右から
background-size 効かない

15分で理解するCSS position

複雑なレイアウトやブロック要素の重なりを回避するために使用頻度が高いCSSのpositonプロパティ。

デフォルトではstaticとなっており指定しなくてもしても関係ない、位置指定無効値といったところ。

fixedとはviewport(画面表示領域)に対して相対的な絶対位置を指定する値。
いつも画面上、もしくは表示領域上の定位置を陣取る”花見の場所取り”的なプロパティ値。

relativeはviewportまたは入れ子された親要素を基準にして相対的な位置をとる。直上の顔色を見ながら立ち位置を柔軟に変え、同じ位置関係であれば他のブロック要素などもお構いなしの心臓の強さ。

absoluteは直親のタグ内の左上を基準として絶対位置に配置される。スクロールの影響も受けるので、fixedとは似て非なる絶対位置主義者。頑固で融通が利かない。relativeとは常に相いれないで重なりやすい。

表示領域の定位置=fixed

親ブロック要素内の定位置=absolute

親ブロック要素位置に対して相対位置=relative

忘れてよいプロパティ値=static

といったところだろうか。

CSS heightとwidthプロパティのvh/vw/vmin/vmaxの情報 height/widthについての情報。

vはviewportの意味で、PCではブラウザ領域、スマホなどでは表示領域を差し、vhやvwで指定した場合は、viewportを基準にサイズを指定するである。

その他の情報としては、相対的にサイズを指定するため、パーセント指定とおなじ種類になりますが、パーセンテージはコンテナ要素や親の要素を指定を継承し、スクロールバー幅なども含まれるため、指定する意図は異なり、少し古いブラウザだと対応されていなかったりバグが発生する可能性もあるがあり、特性としてはvwとvhはそれぞれの表示領域の100分の1値、vminとvmaxはそれぞれ表示領域の値の小さい方、大きい方の値に対しての100分の1値となることです。
情報カテゴリーとしては、プロパティについてのCSSに分類される。
情報について、検索エンジンでは
meta viewport
meta name viewport
css vw
viewport meta tag
vw css
viewport meta
html viewport
meta name viewport content width device-width
css vw support
vw vh
vh vw
viewport html
mobile viewport
vw css3
meta tag viewport
responsive sizes
html meta viewport
meta viewport tag
vw support
viewport units
vw vh css
view port
responsive text size
vh vw support
viewport mobile
vw css support
initial-scale
mobile website meta tags
name viewport
mobile website viewport
などがインデックスされている。