カテゴリー別アーカイブ: Flash制作

AdobeのFlashで走る犬2DのGifアニメを製作する方法

Web制作の工程でフラッシュで、2D走る犬のGifアニメーションの作成が必要になったので、アドビのフラッシュの2D走る犬のGifアニメーションを製作してみます。

 

はじめの手順としては、まずシルエットイラストをします。

ベクターイラストデータを準備します。

その次に、各部をバラバラにしパーツ作成をします。

シルエットイラストを関節や部位で切り分けて、可動範囲をもとに各パーツを製作。また奥側の足パーツも複製して調整作成をします。

最後の手順としてはFlashに取り込んでアニメーション作成で、

各パーツを個別にFlashに取り込んで、アニメーションを製作。シーケンスで書き出した画像をPhotoshopでGifアニメーションに書き出して完成。という方法で完了します。

この手順の流れで気を付けたい事が、Flashでアニメーション製作時にはかならずトップレイヤーにすべてを配置して、ActionScriptを使用せずに製作する必要があるという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

AdobeのFlashでGifアニメーションを制作する

Web制作でgif画像のアニメの作成が必要になったので、アドビ社のフラッシュで制作してみます。

はじめの

最初の手順としては、まずフラッシュでタイムラインにアニメーションを制作します。

その次に

タイムラインに制作したアニメーションを、[ファイル]⇒[書き出し]⇒[ムービーの書き出し]⇒[ファイルの種類]⇒[PNG シーケンス(*.png)]または[JPG シーケンス(*.jpg)]で書き出しをします。

最後の手順としては

Photoshopで、[ファイル]⇒[開く]ダイアログ⇒[画像シーケンス]をチェック。画像がすべて読み込まれたら[ファイル]⇒[Webおよびデバイス用に保存]でGIFを選択することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、FlashタイムラインのActionScriptや入れ子のムービークリップは無効になることについて注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

Flashアニメーション逆再生・巻き戻しを簡単に

FlashアニメーションやMCのトゥイーンなどで、逆再生や巻き戻しを簡単に早く実現する方法について。

確かにFlashコンテンツは、ActionScript3で制御する方がかっこいいし、さも作っている感がある場合もあります。

大掛かりなFlashシステムなどではオブジェクト化する必要があるので、MCのアニメーションをActionScript3で制御するのがふさわしい場合がありますが、大抵は手間ばかりかかり難解な記述をすらすら理解できる人でないと、時間ばかりかかっちゃいます。

タイムライン上の動きを単純に逆再生、巻き戻しをしたい場合は、ActionScriptで記述する方法もありますが、もっと簡単にタイムライン上のトゥイーンやコマワリのアニメーションなどを短時間で逆再生、巻き戻しできる方法の方がかなり効率的です。

方法としては、タイムライン上の該当するフレームやトゥイーンを選択して右クリック、「フレームの反転」を選択するだけです。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。