SEO対策

マウスカーソル位置に方向転換するActionScript

// ActionScript Document

マウスカーソルの位置に合わせて、方向転換するMCをActionScriptで作成してみます。
例えば動物の目を作る時などに役に立ちます。

まず

//マウスカーソルを非表示にします
Mouse.hide();

//MCの準備
//マウスカーソルを骨に差し替える bone_mc を作成
//目のMC rEye lEye を作成

//マウスの位置に対するイベント追加します
stage.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_MOVE, followMouse);

function followMouse(event:MouseEvent):void {

//マウスカーソルをたとえば骨のMCに変えて、マウスの位置と同期

bone_mc.x = mouseX;
bone_mc.y = mouseY;

//イベント発生後に随時画面を更新します
event.updateAfterEvent();

//マウス座標を取得して、右目のX方向の距離を計算
var emcRX : Number = mouseX – rEye.x;
//マウス座標を取得して、右目のY方向の距離を計算
var emcRY : Number = mouseY – rEye.y;
//右目位置からnoマウス位置のラジアンを計算
var radR : Number  = Math.atan2(emcRY,emcRX);
//ラジアンを角度へ変換
var degR : Number  = radR * 180 / Math.PI;
//マウスカーソルの位置に合わせ右目の角度を回転
rEye.rotation = degR;

//左目にも右目と同じ記述をする
var emcLX : Number = mouseX – lEye.x;
var emcLY : Number = mouseY – lEye.y;
var radL : Number  = Math.atan2(emcLY,emcLX);
var degL : Number  = radL * 180 / Math.PI;
lEye.rotation = degL;
}

SEO対策

swfファイルの周りの点線を消す方法

FlashコンテンツをHTMLページに配置した場合、Firefoxではフォーカスされた場合、点線で囲われてしまいます。

背景色を濃いカラーで指定したHTMLページの場合、flashの周りの点線がかなり目立ちます。

背景色が濃い場合ですが点線は目立つので、点線を消します。

方法としてはswfファイルを読み込んでいるタグにoutlineプロパティにnoneを指定します。

object{
outline: none;
}

ちなみに全体を一括で有効にするにはbodyタグやwrapタグなどで全体を覆って一括して設定し、flashや画像、アンカーリンクなどのフォーカス時の点線を非表示にしてもよいでしょう。

SEO対策

マウスカーソルを指先ボタンにするActionScript3.0

アクションスクリプト3.0で、flashコンテンツのボタンMCは、そのままだと矢
印カーソルのままである。

マウスオーバーしたときに、クリッカブルであるということをユーザーに知ら
せるために、矢印カーソルを指先カーソルにするための記述。

mc.buttonMode = true;

だけである。

ただし、buttonModeを記述する際はいくつか注意することがある。

それはMCが絶対パスである場合はアニメーションのストップ位置を気にするだ
けでよいが、相対パスの場合は、停止させたフレームとともに、ボタンMCが配
置されたレイヤーにActionScriptを記述する必要がある。

記述の位置や指定が間違っていると、マウスオーバー時に指先カーソルになら
ないので、すぐに気がつくとおもう。