カスタムフィールドのチェックボックスの値を取得するの解決方法

WordPressのプラグイン、Advanced Custom Fields利用したカスタムフィールドで、checkboxでチェックした内容をRSSフィードに出力する方法の解決方法である。

実際はimplode関数(配列要素を文字列により連結する)で取得する。

<?php echo implode(‘, ‘, get_field(‘フィールド名’)); ?>

でrss2.phpに記述をするだけで取得可能

とする。

解決方法の補足として、get_post_metaで引数をfalseにすることで取得できるような記述もあるが、これではArrayとだけ表示されて、実際は取得できないがあり、AdvancedCustomFieldsについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、プラグインについてのWordPressに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
advanced custom fields 日本語
advanced custom fields 使い方
advanced custom fields 出力
advanced custom fields 画像 出力
advanced custom fields 関連
advanced custom fields ラジオボタン
advanced custom fields チェックボックス
advanced custom fields 固定ページ
advanced custom fields 表示
advanced custom fields 表示されない

WordPressプラグインSNSボタンの一括追加

facebookいいねボタンやTwitterツイートボタン、はてなブックマーク、Google+の共有ボタンを一括で表示できるプラグイン。

今回は、WP Social Bookmarking Lightを使ってみます。

■WP Social Bookmarking Lightのインストール手順

1.WordPressの管理画面[ダッシュボード]左のメニューから[プラグイン]⇒[新規追加]をクリック

2.プラグイン検索テキストフィールドに『WP Social Bookmarking Light』を入力して検索。

3.検索結果一覧に『WP Social Bookmarking Light』が表示されたら、『今すぐインストール』をクリック。

4.プラグインのインストール完了画面が表示されたら、『プラグインを有効化 』をクリック。

あとはダッシュボード左メニュー『設定』のWP Social Bookmarking Lightプラグインを選択して表示させたいSNSのボタンを設定できます。。

WordPressでPタグBRタグが自動で消える

WordPressの記事投稿や固定ページなどで、HTML編集モードでPタグを含むテキストを入れ保存した場合、Pタグの段落タグや改行のBRのタグが自動的に消去されている場合があります。

また、ビジュアルモードからHTMLモードの切り替えでも改行タグや段落タグが自動的に消えています。ブラウザに出力したソースコードを見るとPタグ等が見られますので、WordPressのエディタ上で見ることができないだけのようです。

回避策としては、プラグインをインストールすることで、エディタ上に表示できるようです。

TinyMCE Advanced Plugin

高度なオプション設定の最後の方に、HTMLエディタの投稿内容についての表示や保存時のPタグやBRタグの消去をしないというオプション設定があり、チェックを入れることで表示されるように設定保存すること可能です。