カテゴリー別アーカイブ: 翻訳・言語・文言

WordPressプラグインのGoogle Language Translatorを設定する方法

Web制作の工程でプラグイン機能で、自動翻訳機能の設置が必要になったので、ワードプレスのプラグインの自動翻訳機能を設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まず新規インストールをします。

ダッシュボードのプラグイン、新規追加からGoogle Language Translatorと検索してプラグインが出てきたら、インストールして有効化します。

 

その次に、プラグインの設置をします。

ダッシュボードのウィジェットから、プラグインを追加設定をします。

 

最後の手順としては表示確認で、

設定からプラグインの言語設定がjapaneaseであることを確認しWebサイトの表示を確認。という方法で完了します。

 

この手順の流れで気を付けたい事が、トラフィックブロックのアドオンなどでGoogle翻訳の制限をしていると正常に表示されないという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

コメントを残すの文言変更-WordPressの解決方法

WordPressのコメント欄が有効の場合、デフォルトで「コメントを残す」と表示されるが、こちらの文言を変更するの解決方法である。

Poeditをダウンロードしてpoファイル編集、作業内容を保存すると自動でjp.moにも編集内容が反映され、この二つのファイルをアップすることでコメント欄の「コメントを残す」の文字を変更することが可能。ただ、WordPressアップデート時に自動で更新される場合があるので、都度修正が必要になる

とする。

解決方法の補足として、「コメントを残す」はWordPress共通の自動翻訳設定で行っている様子。languages/ja.poファイルを見るとLeave a Replyが英語版で、日本語表記について変換している。
こちらのファイルの該当部を希望の文言に修正してアップするが反映されないので調べてみると、ja.poとja.moがセットになっており、これらを再生成する必要がある。かなり以前に同じ作業をしたことを思い出し、Poeditをダウンロードしてja.poファイルの該当部分を編集、保存
があり、コメントを残すについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、文言変更についてのWordPressに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
コメントを残すwordpress非表示
wordpressコメントを残すカスタマイズ
ワードプレスコメントを残す非表示
wordpressコメント非表示
wordpressコメント欄カスタマイズ
wordpressコメント欄非表示
wordpressコメントフォームカスタマイズ
wordpress コメントフォーム デザイン
wordpressコメントフォーム非表示
wordpressブログコメント非表示

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。