カテゴリー別アーカイブ: JIMDO

無料ホームページ制作サービスを使うか迷ったら

ホームページ制作費用は本当にピンキリですね。

同じ内容でも40万円ぐらいから3万円ぐらいまで、どうしてこんなに値段が違うのか摩訶不思議です。
おそらく品質や付属サービスに大きな違いがあるのでしょうが、ちょっと違い過ぎではと感じます。同じ日本なのに。

以前から無料のホームページ制作サービスは結構存在していたようですが、
知らないうちになくなってしまっているサービスも多いようです。
恐らく、無料ブログほど利用者が集まらない、継続できない、ということの表れではないでしょうか。

この記事は、どの無料ホームページ制作を使うか比較したものではなく、
その無料サービス自体”使うか使わない”について記述しています。

結論からいうと、趣味とか個人的な利用、とりあえずネットに住所と営業時間が表示されればいい、
などであれば使ってもよいかもしれませんが、
インターネット上でご商売をされている方は”使わない方がいいのでは”です。

無料ホームページ制作サービスといっても、結局は無料ブログなどと仕組みは一緒で、
マネタイズ(お金を儲ける)するためには、広告とか有料プランへの変換が必要になるので、
結局のところ、商業利用を前提とすると”お金や時間がかかる”ことになりのではないでしょうか。

後から”あーしたい、こーしたい”といったとき、どうも有料プランに変更しなくてはいけなかったり、
専門知識が必要になったりと、本末転倒な状況の事業者さんも結構いるようです。

また、移転などについても制限などがあったりするので”自由度”が低かったりもするようです。

そして”使うか使わない”最大の理由は、

”なんでも自分でやろうとする事業者は、たいてい成功していない”

といわれていることにあります。

導入の入り口は低くなりますが、あとからいろいろやろうとすると、結構制限があったり、知識が必要だったり、費用がかかったりします。

結局、インターネットからの”集客”や”売上”を前提に考えると、
ホームページ管理やSEO対策の労力や時間は、本業へ投資すべき資源となります。
利用自体は無料ではあるけれども、運用や管理には、結局のところ資本が結構かかってしまいます。

本業の売り上げこそが事業の継続に必要なことですから、
ホームページの知識や込み入ったアクセス解析などを自身で行うことが
どれだけもったいない作業であるかは、なんとなく感じることができます。

とはいえ、WixやJimdoなど素敵な無料ホームページ制作サービスは一度利用してみてから、
判断されるのもよいかもしれません。

Jimdoの導入前に気を付けたい事の情報

JIMDOについての情報。

専門的な知識がなくてもホームページの作成と運営ができるWordPressベースのWebサイトサービスのJimdoですが、導入する前にいくつか注意する必要があるである。

その他の情報としては、Jindoの利用については、デザイン性や機能性をこだわらない、契約など解除などもふくめてわかりずらく煩雑になっており、データのバックアップや履歴管理などがしにくい点を考慮して利用することが良いと予想される
があり、特性としては注意点.無料版は定期的に更新しないとデータが消失する
⇒無償版は6ヵ月放置してしまうとサイトが消滅する

注意点.HPデータや更新履歴がバックアップできない
⇒CMSをJindoを介して利用するので、制限事項が多い

注意点.専門的な知識がないとカスタマイズが困難
⇒SEO対策や細かなカスタマイズが必要となったときにある程度の知識がないと対応できない

注意点.有料版でも電話サポートがない
⇒すべてメールによるサポートなので、専門的な用語などがわからない場合、的確にサポートを受けにくく、何度もメールでのやり取りが必要になる

注意点.テンプレートベースなのでデザイン面の制限が強い
⇒個性を生かしたデザインや、パララックスなサイトなどには向いておらず、無料版は広告がでてしまい見栄えが劣る

注意点.解約や下位プランの変更に制限があり煩雑
⇒解約についての制限や方法が煩雑で、一度上位優良プランにしてしまうと、下位のプランに変更ができないことです。

情報カテゴリーとしては、CMSサービスについてのCMSに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
jimdo評判
jimdo カスタマイズ
jimdo 使い方
jimdo ブログ
jimdo テンプレート
jimdo 独自レイアウト
jimdo マニュアル
jimdo seo
jimdo 検索
jimdo webmail