カテゴリー別アーカイブ: システム開発

PHPで送信フォームの値が取得できない状態を解決する方法

Web制作の工程でform送信で、送信データがクリアの解決が必要になったので、PHP記述のform送信の送信データがクリアを解決してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずデータ送信の確認をします。

formタグ属性のmethod=””get””として、送信先のURLの引数にデータが付属しているかを確認します。

 

 

その次に、変数値での確認をします。

formタグのactionで指定したページが表示されたら、送信後のページにecho ($_POST[‘test_data’]);でデータが取得できているかを確認をします。

 

 

最後の手順としてはaction属性のURLを確認で、

phpとデータ送信に問題がない場合は、送信値がきちんと変数で受け渡されていないか、いちど送信データがクリアされているので、action属性のURLに拡張子がついていない場合は末にバックスラッシュ/をつける。

という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、Apacheの場合は仕様でmod_dirという標準モジュールの機能で、一度末尾無しのディレクトリを参照したのちに、再度バックスラッシュを付属してURLを再表示されているため、一度送信データがクリアされて表示されているのでデータが取得できないという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

ファイル操作でFTPサーバーの削除できないファイルを削除する方法

Web制作の工程でFTP接続で、ファイルが削除できない現象の解決が必要になったので、Webファイル管理のFTP接続のファイルが削除できない現象を削除してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずファイルWeb管理での確認をします。

FTPサーバー接続でファイル名文字化けなどで削除できない場合、レンタルサーバーのファイル管理サービスがあればWebファイル管理システムから削除します。

 

その次に、FTP接続の文字コードを変更をします。

ファイル管理から削除できない場合は、FTP接続で文字コードを指定して再接続する。ShiftJISならUTF-8に強制的に指定し接続する。文字化けしたファイル名の拡張子がでていれば、ファイル名を半角英数字にリネームし削除をします。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、拡張子が表示されていない文字化けの場合、ファイルが存在するのにFTPサーバでは管理できない存在しない幽霊ファイルとなるため、一切のファイル操作ができなくなる事という点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

テキストエディタのサクラエディタで起動時の折り返し方法を『右端折り返し』デフォルト設定する

Webの制作過程でサクラエディタ折り返しデフォルトの右端折り返し起動設定が必要になったので、テキスト編集ソフトウェアのSAKURAエディタで『右端折り返し』デフォルト設定してみます。

 

はじめに

最初の手順としては、まずサクラエディタを起動して空のファイルを表示します。

 

その次に、

メインメニューを、[設定]⇒[タイプ別設定]⇒[スクリーン]タブ、レイアウト項目・折り返し方法のプルダウン[右端で折り返す]と変更をします。

 

最後の手順

としてはダイアログで、[OK]⇒プログラムの再起動することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、設定から直接折り返し方法を設定した場合は、再起動後に元に戻るという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。