カテゴリー別アーカイブ: メールフォーム

PHPで送信フォームの値が取得できない状態を解決する方法

Web制作の工程でform送信で、送信データがクリアの解決が必要になったので、PHP記述のform送信の送信データがクリアを解決してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずデータ送信の確認をします。

formタグ属性のmethod=””get””として、送信先のURLの引数にデータが付属しているかを確認します。

 

 

その次に、変数値での確認をします。

formタグのactionで指定したページが表示されたら、送信後のページにecho ($_POST[‘test_data’]);でデータが取得できているかを確認をします。

 

 

最後の手順としてはaction属性のURLを確認で、

phpとデータ送信に問題がない場合は、送信値がきちんと変数で受け渡されていないか、いちど送信データがクリアされているので、action属性のURLに拡張子がついていない場合は末にバックスラッシュ/をつける。

という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、Apacheの場合は仕様でmod_dirという標準モジュールの機能で、一度末尾無しのディレクトリを参照したのちに、再度バックスラッシュを付属してURLを再表示されているため、一度送信データがクリアされて表示されているのでデータが取得できないという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

CSSカスタマイズのレスポンシブ対応-メールフォームプロの解決方法

今回のシステム開発で取り扱うテーマは『メールフォームプロ(古いバージョン)でテキストエリアやテキストボックスがいくらCSSで指定してもサイズ変更できない場合の対処』の解決方法である。

mailform.js内にJavaScriptでフォーム部品の大きさ制御など指定する関数があったのでコメントアウトして回避
とする。

解決方法の補足として、メールフォームプロでCSSセレクタで調整できない場合、オリジナルのカスタマイズをJavaScriptで指定している場合がありJavaScriptをカスタマイズしないとスマホ表示などで期待するビジュアルに変更できない場合があるがあり、CSSカスタマイズについて今回のテーマの補足知識となります。

問題解決カテゴリーとしては、レスポンシブ対応についてのメールフォームプロに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
スマホ メールフォーム 無料
レスポンシブ メールフォーム フリー
レスポンシブ メールフォーム テンプレート
responsive mailform
メールフォーム html
メールフォーム デザイン
メールフォーム php
mailformpro
php工房
フォームズ

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

Javascriptでメール送信フォームいろいろなチェック

JQueryなどで簡単にチェックできるライブラリも多いのですが、シンプルなJavascriptのメールフォームチェックについて。

通常の入力チェックから、メールアドレスの正誤チェック、ラジオボタンやチェックボックス、プルダウンメニューのselectタグやテキストエリアの文字数チェックなどについて記述します。

■値の入力チェック

空の場合はアラートポップアップウィンドウにエラーメッセージが表示される。
var flag;はチェック用の変数のいれもの。

if(document.mailform1.name.value == “”){
flag = 1;
message= message+’\n’+’名前を入力してください。’;
}

■メールアドレスの形式チェック

メールアドレスとして正しい書式かをチェックします

if(!document.mailform1.mail.value.match(/.+@.+\..+/)){
flag = 1;
message= message+’\n’+’メールアドレスは半角英数字で正しくご入力ください。’;
}

■セレクトボックスの選択チェック

プルダウンメニューのセレクトボックスの選択の有無をチェック

selectタグ内の選択されたオプションタグのvalueの値を取得して、正誤判定。

if(document.mailform1.selectbox1.options[document.mailform1.selectbox1.selectedIndex].value == “0”){
flag = 1;
message= message+’\n’+’セレクトボックスを選択してください。’;
}

■同一グループのラジオボタンの選択の有無をチェック

for(i = 0; i < document.mailform1.radiobox1.length; i ++){   if(document.mailform1.radiobox[i].checked){ flag = 1; } } ■テキストエリアの文字数チェック テキストエリアに入力された文字数をチェック if(document.mailform1.textarea1.value != ""){ txtarea = document.getElementById("textarea1").value; txtarealeng = txtarea.length; if(txtarealeng >100){
flag = 1;
message= message+’\n’+’文字数は100文字以内で入力してください。’;
}
}

■ポップアップアラートウィンドウの表示

flagに1が代入されたときに、アラートメッセージを表示させます。

if(flag){
window.alert(message);
return false;
}
else{
return true;
}

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。