電話番号の正規表現チェックのPHP関数-PHPの解決方法

今回のシステム開発で取り扱うテーマは『PHPで電話番号の正規表現での入力チェックをif文記述で判断』の解決方法である。

PHPで正規表現をチェックするにはpreg_match関数をつかいます。

電話番号が半角数字とハイフンで入力されていませんとする。

解決方法の補足として、ハイフンを含んだ場合の記述例でしたが、ハイフン無しも併せてチェックする場合は、preg_matchiの引数として以下の記述とします。
/^([0-9]{3}-[0-9]{4})?$|^[0-9]{7}+$/があり、電話番号の正規表現チェックについて今回のテーマの補足知識となります。

問題解決カテゴリーとしては、PHP関数についてのPHPに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
php 電話番号 判定
php 電話番号 正規表現 ハイフンなし
php 電話番号 ハイフン
php 電話番号 正規表現
php 電話番号チェック
php 電話番号 バリデーション
php 電話番号 ハイフン 追加
php 電話番号 フォーマット
php 電話番号 正規表現 ハイフン
php電話番号ハイフン削除

カスタムフィールドのチェックボックスの値を取得するの解決方法

WordPressのプラグイン、Advanced Custom Fields利用したカスタムフィールドで、checkboxでチェックした内容をRSSフィードに出力する方法の解決方法である。

実際はimplode関数(配列要素を文字列により連結する)で取得する。

<?php echo implode(‘, ‘, get_field(‘フィールド名’)); ?>

でrss2.phpに記述をするだけで取得可能

とする。

解決方法の補足として、get_post_metaで引数をfalseにすることで取得できるような記述もあるが、これではArrayとだけ表示されて、実際は取得できないがあり、AdvancedCustomFieldsについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、プラグインについてのWordPressに分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
advanced custom fields 日本語
advanced custom fields 使い方
advanced custom fields 出力
advanced custom fields 画像 出力
advanced custom fields 関連
advanced custom fields ラジオボタン
advanced custom fields チェックボックス
advanced custom fields 固定ページ
advanced custom fields 表示
advanced custom fields 表示されない

WordPress外部XMLのRSS2フィードにカスタムフィールドの値を読み込む記述

WordPressのRSS2フィードに、投稿ページに入力したカスタムフィールドの値を取得させる記述方法。

例としてカスタムフィールドの名前を[customvalue]として、
値を<custamv>カスタムバリューの内容</custamv>とします。

RSS2フィードのXMLデータにカスタムフィールドの値を以下のような方法で記述。

まず、wp-includeフォルダにあるfeed-rss2.phpを開き、
<item>のタグ内のどこかに以下を記述するだけです。

RSS2フィードを表示させ、HTMLのソースコードを表示させ、あらたに値が取得できていればOKです。
ブラウザによってはキャッシュが残るので、更新の度にキャッシュクリアを確認します。