カテゴリー別アーカイブ: 知識・技術

font awesomeがローカル環境で表示されない対処方法

サーバーからページに名前を付けて保存した場合に、font-awesome.cssは読み込まれているのにフォントアイコンが表示されないで□みたいになり表示されないとき。

 

 

CDNなど最新を読み込んでも表示されない場合があります。
その場合はfont awesomeのクラス名があるバージョンのcssファイルをCDNで読み込んでみます。

 

 

<link rel=”stylesheet” href=”https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/font-awesome/4.7.0/css/font-awesome.min.css”>

 

 

今回はこのケースである程度、ローカル環境でもWebフォントでアイコンを表示させることができました。一部、表示されないものがある場合は、別のバージョンで試してみると表示されるかもしれません。

 

 

基本的にはclass=”fa fa-xxxxxなどからはじまるセレクタ名をヒントに探していくとよいでしょう。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ

「安全なページ上で (安全でない) 混在表示コンテンツ」。WebサイトをSSL化をしたあとにFirefoxのコンソールに表示された警告文。

原因は、SSL対応したページ内にhttp://~開始されるURLでの参照が混じっている場合が多い。

大抵は外部画像や直接ファイルなどを絶対パスで参照している画像などが原因となる。

ブラウザによっては画像が表示されなくなるケースなどもあるので注意が必要。

 

 

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

XserverでサブドメインのFTP接続を設定する方法

Web制作の工程でサブドメインのみで、FTP接続アカウントの設定が必要になったので、XサーバーのサブドメインのみのFTP接続アカウントを設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずFTPアカウントの追加をします。

サーバーパネルのFTPアカウント設定からFTPアカウントを追加します。

 

 

その次に、FTPユーザーIDの作成をします。

FTPユーザーIDはサブドメインの入ったIDで作成するとわかりやすい。接続先ディレクトリは/home/アカウント名/ドメイン名/public_html/サブドメインのディレクトリ名/で設定をします。

 

 

最後の手順としては接続確認で、

作成したサブドメイン用のFTPアカウントで接続を確認。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、接続先のホストは、親のドメインでもサブドメインでもどちらでも設定が可能であることという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。