カテゴリー別アーカイブ: Excel

Excelのセルでプルダウンメニューを設置する

Webの制作過程でプルダウンリストの作成が必要になったので、エクセルのセル内で設置してみます。

 

はじめに

最初の手順としては、まずExcelをを開きリストを設置したいセルを選択します。

 

その次に、

[データ]タブを、[データの入力規則]を選択して、項目から[データの入力規則]を選択をします。

 

最後の手順としては

ダイアログボックスで、項目:入力値の値(A)から[リスト]を選択、[ドロップダウン リストから選択する]のチェックを確認し、項目:元の値(S)に入力値を設定することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、プロダウンリストの入力値は、セルのデータの入力規則で直接値を記述することも、シート内にリストを作成して各セルの値を参照することも可能という点について注意する必要があります。

Excel住所リストのWord印刷-ハガキ宛名印刷の解決方法

Office Excelで登録された住所リストを年賀状や暑中見舞いのハガキの宛名印刷をする手順
の解決方法である。

▼エクセル住所リストデータ作成

1.新しいエクセルシートに住所リストのひな形を作成
1行目に[郵便番号][住所][氏名]のように3列のセル分けて項目名を入れる

2.2行目以降にそれぞれの項目に必要な情報を入力。〒マークは入れない。

3.リストが完成したら、エクセルシートを保存して閉じる。この例では[住所リスト.xls]とします。

▼Wordはがき印刷ウィザードからひな形作成と住所リストの印刷

1.Wordを起動して[差し込み文書]タブをクリック、[作成]グループにある[はがき印刷]をクリック、ドロップダウンリストから[宛名面の作成]を選択します。

2.[はがき宛名印刷ウィザード]ウィンドウが表示されるので、この例では[年賀/暑中見舞い]を選択して、ウィザードに従って進める。[背景にはがきを表示する]にチェックを入れるとわかりやすい。

3.ウィザードの最後に[宛名の印刷に差し込み機能を使用しますか?]の設定画面がでるので、[他の住所録ファイルを差し込む]にチェックを入れ、先ほど作成したエクセルの[住所リスト.xls]を読み込む。

4.ウィザード完了ボタンを押すと、エクセル住所リストの最初の項目が指定した形式で表示されていれば、あとは[差し込み印刷]から[差し込み印刷の開始]から印刷をすれば住所リストが順番に印刷されるようになる
とする。

解決方法の補足として、注意点としては、PDFファイルでリスト通り印刷されるかを確認して、作成したWordファイルは名前を付けて保存しておけば、毎年の印刷などが失敗なくかなり簡便化される
があり、Excel住所リストについての特性です。

問題解決カテゴリーとしては、Word印刷についてのハガキ宛名印刷に分類される。

情報について、検索エンジンでは下記の関連情報での組み合わせでインデックスされている。
word2013 宛名印刷
word 宛名印刷 mac
word 宛名印刷 封筒
word2010 宛名印刷
word 宛名印刷 封筒 縦書き
word 宛名印刷 ラベル
word 差し込み印刷
word 宛名シール印刷
word 宛名 連名
宛名 印刷 エクセル

Excelセルをコピペするとダブルクォーテーションが付くの問題解決

Excelセルをコピペするとダブルクォーテーションが付くに関係のある知識が必要な場合は、Yahooサーチ検索では下の関連キーワードで検索してもよいでしょう。

Excelセルをコピペするとダブルクォーテーションが付くについてより理解を深めるための検索キーワードの組み合わせには、
ダブルクォーテーション エクセル
ダブルクォーテーションとは
ダブルクォーテーション 記号
ダブルクォーテーション 打ち方
ダブルクォーテーション 意味
ダブルクォーテーション 縦書き
C# 文字列 ダブルクォーテーション
ダブルクォーテーション CSV
ダブルクォーテーション 半角
キーボード ダブルクォーテーション

など。

Excelセルをコピペするとダブルクォーテーションが付くの問題解決について。

Excelのセルをコピーアンドペーストしてテキストエディタなどで表示すると、文章がダブルコーテーションで囲まれてしまうことです。

セル内の改行に対して自動的に付加されるExcelの仕様なので、テキストエディタの一括置換でダブルクォーテーションを削除してしまうがあります。

問題解決について、Excel関数の文字列操作でCLEAN関数で別のセル内に文字列を改行なしの状態で参照させることでもダブルクォーテーションを取り除くことが可能である。特徴としては、そもそもセル内に改行がありそのままコピペする場合は、やはりテキストエディタで一括置換で削除するのが良いというところにあります。

参考として文字列をで囲んだ文字列がある場合は文字列となる
ということで、Excelの要約とする。

分類としてはダブルクォーテーション
およびExcelにカテゴライズされる。