カテゴリー別アーカイブ: WordPress

WordPressでテーマを導入する時に注意したいこと

オープンソースCMSのワードプレス制作にかかわる工程で有料・無料のテンプレートを利用時に注意したい点について紹介しています。

 

はじめ注意点としては、まずデザインとテーマのマッチングになります。

イメージするWebサイトのデザインイメージと導入したいテーマファイルのレイアウトやデザイントーンが似ていること。大きくレイアウトなどが違っていると編集にとても手間がかかる事があります。

 

 

その次の注意点は、情報配置とテーマの構造になります。

コンテンツの情報配置のレイアウトとテーマファイルのデザインがあまり異なっていると、内部のレイアウト編集やコーディングによっては、レイアウト崩れやデザイン崩れの原因になる事があります。

 

 

最後の注意点としては機能仕様とテーマ特長になります。

WordPressはプラグインなどを利用することで様々な追加機能を実装することができますが、反面テーマファイルのカスタマイズが必要になります。有料のテーマテンプレートには、JavaScriptやPHPで簡易的なプログラムが組み込まれているので、カスタマイズにとても費用や時間がかかる場合がある事があります。

 

以上のようなことが今回の記事内容についての注意点です。

 

今回の補足注意点としては、見た目がかっこいい手頃な価格の有償テーマ購入後、編集やカスタマイズができなくなる場合があり、結局余計な費用がかかる場合がある事という点について注意しておくとよいでしょう。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

WordPressのプラグインTheme My Loginで会員制サイトを制作する

Webの制作過程で会員サイトの作成が必要になったので、ワードプレスのTheme My Loginで制作してみます。
いきなり有料版で希望するものでなかったり、カスタマイズができないと困るので無料プラグインTheme My Loginで設置しています。

 

はじめに

最初の手順としては、まずTheme My Loginをダッシュボードの[プラグイン]の[新規追加]よりインストールします。

 

その次に、

ダッシュボードの[設定]⇒[一般]から、[だれでもユーザー登録ができるようにする]にチェック。
権限は[購読者]のままでよいでしょう。(必要に応じて変更する)

 

最後の手順としては

固定ページで、設定時は各ページが自動生成され、紹介文やショートコードはページ内に記載されているので、それらを確認することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、設置自体はわりとスムーズにできるが、設定項目が以外とあったりするので、用途に応じてしっかり設定が必要という点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。