カテゴリー別アーカイブ: WordPress

WordPressマルチサイト設定方法

以前はブログ型オープンソースCMS『WordPress』は、マルチサイト(ひとつのインストールで複数のWordPressが使用)が実現できませんでした。

しかし、WordPress 3.0から、WordPress MUを使用して実現可能であったWordPressで複数ブログの管理運営機能(マルチサイト機能)が統合されています。

マルチサイト機能を利用する方法は、以下の通り。

 

1.インストール直後の初期設定のみ状態でwp-config.phpファイルに以下の一行を追加します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

2.管理画面の『ツール』項目から、『ネットワーク』をクリックし、
マルチサイトの増やし方、サブディレクトリもしくはサブドメイン方式を選択。

3.必須ではないが、wp-config.php と .htaccess の2つのファイルをバックアップしておく

4.レンタルサーバーxserverの場合:/home/アカウント名など/ドメイン.com/public_html/wp-content の中に blogs.dir ディレクトリを作成。このディレクトリは、追加サイトのメディアアップロードの保存用に使用されるので、ウェブサーバー書き込みの許可設定をしておく。

5./home/アカウント名など/ドメイン.com/public_html/ にある wp-config.php ファイルの、

 

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

という行より上に以下のコードを追加。

define( ‘MULTISITE’, true );
define( ‘SUBDOMAIN_INSTALL’, false );
$base = ‘/’;
define( ‘DOMAIN_CURRENT_SITE’, ‘ドメイン.com’ );
define( ‘PATH_CURRENT_SITE’, ‘/’ );
define( ‘SITE_ID_CURRENT_SITE’, 1 );
define( ‘BLOG_ID_CURRENT_SITE’, 1 );

 

『認証用ユニークキーが wp-config.php にありません。 インストールをさらに安全にするため、次を追加するとよいでしょう。』
の項目内の記述も上記に追加しておいた方がよいようです。

6./home/アカウント名など/ドメイン.com/public_html/ の .htaccess ファイル下記を追加し、WordPress設定のルールを変更します。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]

# uploaded files
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?files/(.+) wp-includes/ms-files.php?file=$2 [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?wp-admin$ $1wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ – [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(wp-(content|admin|includes).*) $2 [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(.*\.php)$ $2 [L]
RewriteRule . index.php [L]

7.上記ステップの完了後にログインし直すと、ネットワークの有効化設定が反映されます。

ただし同一DBによる管理のため、動作が重くなったり、ダッシュボードに不具合が発生したり、プラグインが非対応だったりと、アップデートなどによるWordpressの更新を行うと思いもよらないバグなどに遭遇するためマルチサイトの採用には注意が必要です。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

WordPressプラグインのRedirectionsを設定する方法

Web制作の工程でプラグイン機能で、リダイレクトの設置が必要になったので、ワードプレスのプラグイン機能のリダイレクトを設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まず新規インストールをします。

ダッシュボードのプラグイン、新規追加からRedirectionと検索してプラグインが出てきたら、インストールして有効化します。

 

 

その次に、プラグインの設置をします。

ダッシュボードのツールから、設定画面を表示させて、リダイレクトの設定を行う。全ページリダイレクトの場合は、ワイルドカードを利用した正規表現チェックを入れ、/(.*)$とURL/$1と設定することで全ページのリダイレクトが可能をします。

 

 

最後の手順としては表示確認で、

Webサイトの表示で以前のページから希望するページにリダイレクトされることを確認。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、設定順番や設定のキャッシュが残る場合があるので、新しいリダイレクト設定時は、キャッシュクリアが必須という点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

WordPressプラグインのGoogle Language Translatorを設定する方法

Web制作の工程でプラグイン機能で、自動翻訳機能の設置が必要になったので、ワードプレスのプラグインの自動翻訳機能を設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まず新規インストールをします。

ダッシュボードのプラグイン、新規追加からGoogle Language Translatorと検索してプラグインが出てきたら、インストールして有効化します。

 

その次に、プラグインの設置をします。

ダッシュボードのウィジェットから、プラグインを追加設定をします。

 

最後の手順としては表示確認で、

設定からプラグインの言語設定がjapaneaseであることを確認しWebサイトの表示を確認。という方法で完了します。

 

この手順の流れで気を付けたい事が、トラフィックブロックのアドオンなどでGoogle翻訳の制限をしていると正常に表示されないという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。