カテゴリー別アーカイブ: Dreamweaver

DreamWeaver設定情報のサイトの管理をバックアップする方法

Web制作の工程でファイル管理-サイト定義で、サイトの管理データすべてのデータ保存が必要になったので、ドリームウィーバーのファイル管理-サイト定義のサイトの管理データすべてをバックアップしてみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずレジストリエディター起動をします。

コマンドラインからレジストリエディターを起動して『コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Adobe\Common\バージョン\Sites』を表示します。

 

その次に、レジストリデータのエクスポートをします。

該当するレジストリのフォルダをエクスポートし保存したい場所に保存をします。

 

最後の手順としてはバックアップの完了で、

レジストリデーターを保存して、レジストリエディターを終了したらデータ保存の完了。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、一度、DreamWeaverのサイトの管理から必要のないサイト定義を削除して、レジストリエディターでバックアップデータをインポートして復元できたら、バックアップが正常にできているのを確認した方がよいという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

DreamWeaverの検索および置換で正規表現の記号を一括置換する

Webの制作過程で記号部分の正規表現での置換が必要になったので、ドリームウィーバーの置換機能で一括置換してみます。

 

はじめに

最初の手順としては、まずドリームウィーバーを起動して対象HTMLファイルを表示します。

 

その次に


検索および置換を、[編集]⇒[検索/置換(F)]か、ショートカットキーCtrl+Fでダイアログを表示し正規表現にチェックをします。

 

最後の手順としては

置換対象で、置換する対象内の正規表現の記号を”[ ]”で囲い一括置換指定することで今回は完了です。

 

この工程の流れで気を付けたい事が、一括置換に含まれやすい”ダブルコーテーションも正規表現の記号となることという点について注意する必要があります。

 

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

DreamWeaver コードナビゲータでコーディングの高速化・効率化

DreamWeaverでマークアップ作業中に、もはやCSSの編集なくしてホームページ作成は極めて難しいことが多いのですが、CSSセレクタの編集も、数が増えるとなかなかプロパティや値の修正に手間がかかってしまいます。

そこでプロユースのHTMLエディタDreamWeaverCS4から追加された新機能のコードナビゲータでCSSの編集を効率的にスピードアップできます。

コードナビゲータでは、HTMLソースコードの編集画面上で、
「Altキーを押しながらマウスクリック」
すると関連するCSSプロパティの一覧が表示され、ダイレクトに編集したプロパティのCSSフィアルの該当箇所を開いてくれる機能です。

CSSルールが適用されているソースコード、もしくはclassやid部分をAltキーを押しながらクリックすることで、関連するプロパティの一覧がポップアップウィンドウで表示されます。

セレクタ内容のプロパティや値、cssファイル内の記述箇所を探すのにとても役に立ちます。

ちなみにコードナビゲータを表示させたくない場合は表示されたポップアップウィンドウの右下の「インジケーターを無効にする」にチェックを入れます。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。