作成者別アーカイブ: Web制作 システム

MW WP Formで完了画面まで表示されてメール送信できないとき。

WordPressプラグインのMW WP Formで完了画面で「エラーが発生しました。後ほどもう一度お試しください。」と表示されて、メール送信が確認できないときの対応について。

■行ったこと

1.MW WP Formの送信内容にformタグが含まれていないか確認。
2.自動送信メール設定と管理者宛メール設定の送信元、件名、本文をすべて直接入力

上記で修正すると無事送信完了。

送信元(E-mailアドレス)に未入力の場合は・・・と管理用アドレスが自動入力されるような記述があるが、ここが原因とみられる。
直接入力することで別途プラグインなどは必要なさそう。

■反省点
原因の切り分けがすぐにできると考えて、設置した本ページのまま原因を探そうとして、結局、簡単な確認用のフォームを作成して各メール設定の項目を入力したところすぐに原因が判明したので、横着をしないで最初から原因を切り分ける確認用のフォームを作成すべてきでした。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

WordPressのファイルの更新でソースコードが消える現象を解決する方法

Web制作の工程でテーマファイルPHP編集で、ファイルサイズが0バイトになる状況の回避が必要になったので、ワードプレスのテーマファイルPHP編集のファイルサイズが0バイトになる状況を解決してみます。

 

はじめの手順としては、まず状況とエラーの確認をします。

WordPress4.9ダッシュボードからテーマファイルのPHPの編集を行い、しばらく更新が反映されずに、『致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。』と表示されるようになったことを確認します。

 

 

その次に、ファイルサイズとソースコードのチェックをします。

更新がしばらくたって完了すると、更新したテーマファイルのPHP内のソースコードはすべて消去され、FTP接続でファイルを確認すると対象ファイルが0kbyteになっていることを確認をします。

 

最後の手順としてはプラグインをすべて停止で、

WordPress4.9のアップデートのみで上記の症状が出た場合、プラグインをすべて停止させて、再度、テーマファイルPHPを更新して、スムーズに更新されれば、あとは新しいプラグインから有効にして、原因となるプラグインを突き止め停止。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、テーマファイルは必ず定期的にバックアップを保存しておくことと、プラグインは場合によってはWordPress4.9ではそのまま継続使用できなくなる場合がある。またFTPダウンロードで直接編集だと問題が起きない場合があること。この例ではスケジュール管理プラグインのAttendance Managerを停止することで問題が解決したが、複数のプラグインが影響している場合があるという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。

XserverでサブドメインのFTP接続を設定する方法

Web制作の工程でサブドメインのみで、FTP接続アカウントの設定が必要になったので、XサーバーのサブドメインのみのFTP接続アカウントを設定してみます。

 

はじめに最初の手順としては、まずFTPアカウントの追加をします。

サーバーパネルのFTPアカウント設定からFTPアカウントを追加します。

 

 

その次に、FTPユーザーIDの作成をします。

FTPユーザーIDはサブドメインの入ったIDで作成するとわかりやすい。接続先ディレクトリは/home/アカウント名/ドメイン名/public_html/サブドメインのディレクトリ名/で設定をします。

 

 

最後の手順としては接続確認で、

作成したサブドメイン用のFTPアカウントで接続を確認。という方法で完了します。

 

 

この手順の流れで気を付けたい事が、接続先のホストは、親のドメインでもサブドメインでもどちらでも設定が可能であることという点について注意する必要があります。

掲載情報につきましては、当サイトが独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。